企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント

企業の知識資産を全社的に管理・共有し、新たな意思決定や行動に生かす経営手法のことで、「知識管理」「知識経営」とも訳されます。社内外の情報や社員の経験・ノウハウなどを集積、共有化し、新しい知識の創造を促します。
(2008/3/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナレッジマネジメントのケーススタディ

知的財産の集積・共有・活用で新たな知識を創造
個人の持つ「暗黙知」をいかに「形式知」化するかがポイント

1980年代半ばから欧米を中心に、組織には「知識」が競争材や資産として重要だという認識が広まり、ナレッジマネジメントの研究が注目されるようになりました。90年代半ばまでは、知識を蓄積・共有し、業務効率化を図ることだけに主眼が置かれていました。しかし、経営学者ピーター・ドラッカーが自身の著書『ポスト資本主義社会』(93年)で、「今や世界は知識社会に入りつつある。知識だけが新たな価値創造のための唯一意味のある資源だ」と指摘。また、一橋大学大学院の野中郁次郎名誉教授と竹内弘高教授が95年に発表した共作論文『知識創造企業』で、「個人の知識を組織的に共有し、より高次の知識を生み出す“新たな知識の創造”が必要だ」と提唱したことを契機に、今日のナレッジマネジメントを追求する動きが活発になりました。

理想的なナレッジマネジメントを実現するためのプロセスとして両氏は、「SECIモデル」と呼ばれる4段階のプロセスを提示しています。「SECIモデル」では、知識には暗黙知(明確な言葉や数字では表現しにくい、経験や勘に基づく技能・ノウハウ)と形式知(文章や図表、数字などで説明・表現できる知識。一般的な例としては、作業手順やマニュアル書)の2つがあり、それを個人・集団・組織間で、相互に絶え間なく変換・実践することで新たな知識が創造され、「知識創造スパイラル」が形成されると考えられています。

以下がSECIモデルの概念です。

■ 共同化(Socialization)
経験を共有することにより、言葉ではなく体験で暗黙知を獲得・伝達するプロセス(=体で覚える)。

■ 表出化(Externalization)
個人や組織が体得した暗黙知を共有・統合できるように言語などの形式知に変換し明確化するプロセス。

■ 連結化(Combination)
明確化した形式知を組み合わせて新たな形式知を創造するプロセス。

■ 内面化(Internalization)
得られた形式知に基づいて、個人が行動・実践を行い、新たな知識を体得するプロセス。これらが暗黙知として他者に移転して、知識創造スパイラルが形成されます。

ナレッジマネジメントを浸透させることで、個人の能力の育成や、組織全体の生産性向上、迅速な意思決定、業務改善が実現できると期待されています。ナレッジマネジメントを取り入れるには、運用しやすい仕組みづくりや環境(実践共同体)・システムの整備、社員による積極的な参加などが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ナレッジワーカー
「ナレッジワーカー(knowledge worker)」とは、自らの知識によって企業や社会に貢献する労働者のことを指します。オーストリアの経済学者ピーター・ドラッカーによって提唱された概念で、労働力に基づいた価値ではなく、社会的な影響や貢献度などが価値となる点が特徴です。製造業などに従事する単純労働...
ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...

関連する記事

佐々木圭吾さん 「知識創造によるイノベーション」で人を育てる
グローバル化による競争の激化で、企業のM&A(買収・合併)が頻繁に行われるようになるなど経営環境は、かつてない激変をみせています。そうした時代を勝ち残る企業としてどのように強い組織を構築していったらよいのでしょうか。知識創造によるイノベーションを提唱する佐々木...
2007/01/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...