【ヨミ】ケースメソッド ケースメソッド

ケースメソッドとは、実際に起きた事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を、討議し導き出す教育手法をいいます。社員研修などで実施する企業が増加しており、能力開発や次世代リーダー育成に有効な手法として注目されています。
(2007/10/22掲載)

ケースメソッドのケーススタディ

企業経営の実務を疑似体験
アウトプット力と思考能力の養成に効果的

ケースメソッドは、1920年代に米・ハーバード大学ビジネススクールにおいて開発されました。我が国では、1962年に慶應義塾大学ビジネススクールが同手法を導入したのが最初です。実在する企業経営のなかで生じたさまざまな事例を教材として、問題解決に向け研究・討議を行うものです。思考能力を養うことを目的とした実践的な教育手法として、また、実務応用力を向上させる研修手法として、現在では世界各国のビジネススクールや企業で実施されています。

ケースメソッドは、一般的な教育や研修のように、一方的な講義では享受できない実践的な意思決定能力などを養成することができます。ケースメソッドを取り入れた講義の受講者は、企業の経営層や管理職層が直面した問題事例や、それらに関連する周囲の状況・意見を、当事者の立場で分析・検討し、各々の考えをまとめます。その後、数人のグループを形成し、個々の意見発表を行います。その際には相互の意見を尊重し受け入れることで、問題解決に向け多様な切り口から討議が展開されます。結果、自ずと議論の幅が広がり、事例に適した最善の問題解決策を導き出せるという仕組みになっています。

経営者や実務リーダーに必要な分析力や洞察力、戦略構築力、論理的思考力などは従来の座学ではなく、実務経験や反復訓練によって育まれるものです。例えば、情報漏えいや不適正な人事労務管理、クレーム対応といった企業の行動規範や、コンプライアンス、内部統制、財務管理、不祥事対応などの経営に関わる問題において、ケースメソッドで体験した事例と類似した事態に遭遇したとします。その場合、事例を参考・応用して問題に対し迅速かつ最適な対策を導くことができるという意味で、ケースメソッドはとても効率的な教育手法といえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード