企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウセイサンセイ 労働生産性

就業者一人当たりが働いて生み出す付加価値の割合。国の経済活動の効率性を示すデータの一つです。
(2007/7/13掲載)

労働生産性のケーススタディ

主要先進国のなかで最も低い日本の「労働生産性」
打開のカギは非製造業の効率化と雇用体系の見直し

社会経済生産性本部がまとめた「2006年度版 労働生産性の国際比較」によると、日本の労働生産性はOECD(経済協力開発機構)加盟30ヵ国中19位で、主要先進国7ヵ国中では11年連続で最下位です。また米国と比較した場合、日本の労働生産性は7割程度にとどまっていることもわかりました。

米国では2000年以降、非製造業(主に小売業や流通、金融業などのサービス業)でITシステムが積極的に導入されました。これにより、業務や組織の効率化が進み、米国の非製造業における労働生産性は、他国を大きく上回るようになりました。

一方、日本では同じ非製造業でも、長期不況によってITなどの設備投資に出遅れました。経営規模が小さい企業も多く、かかるコストに比べて享受する付加価値の割合が小さいため、生産性の低さが浮き彫りとなっています。とくに就業者の多いサービス業は、米国の6割弱程度です。

このような現状を受け、政府は「経済財政改革の基本方針2007―『美しい国へ』へのシナリオ」を決定し、労働生産性の伸び率を5年間で5割増にする目標を掲げました。労働市場改革(ワーク・ライフ・バランス憲章の策定)や成長力底上げ戦略(ジョブ・カード制度の構築、最低賃金制度の引き上げ検討)などの具体策を盛り込んでいます。しかし、ただの政策課題の列挙で具体性に欠けるという指摘もあるため、今後、実現に向けては方針の改善や国民の理解が必要となるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ジョブレス・リカバリー
「ジョブレス・リカバリー」(jobless recovery)とは、景気が回復しても雇用の拡大がなかなか伴わない状態のことで、日本語では主に「雇用なき景気回復」と訳されます。一般に景気回復局面では、雇用情勢は景気に半年から一年程度遅れて動くため、その間、一時的にジョブレス・リカバリーに陥ることが知ら...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(3)労働生産性の向上
「量」から「質」へと評価軸を転換し、高い生産性を実現するための課題と取り組み例を紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
2. ワーク・ライフ・バランスの意義と企業にとってのメリット
ワーク・ライフ・バランスは、経済や社会、価値観の移り変わりに伴って重視されるようになった考え方である。企業が市場の変化に対応してビジネスモデルや商品、サービスを更新しなければならないのと同様、人材マネジメントの面でも変化に順応しなければ、やがて環境との大きなズ...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

労働生産性乖離率
ある統計資料で労働生産性乖離率と時間当たり賃金乖離率の散布図を見ましたが、言葉の意味と利用目的がわかりません。資料では日米の産業別の賃金と生産性の関係を比較していました。よろしくご教授お願いします。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
外国人雇用
ご質問です。日本で外国人を雇用した場合に受給できる助成金等はあるのでしょうか?もちろん在留資格のある外国人です。 以上、宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...