無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】チャレンジストレッサー チャレンジストレッサー

「チャレンジストレッサー」とは、充実感や生きがいを生み出す際にかかるストレスで、挑戦するときに感じる成長痛のようなもの。具体的には重い責任や時間的プレッシャー、職務範囲の広さなどを指し、心理的、肉体的な負担とも関わりますが、適度なチャレンジストレッサーは成長につながるといわれています。

チャレンジストレッサーのケーススタディ

“適度”なストレス経験が人を成長させる

「若いときの苦労は買ってでもせよ」――この言葉の背景には、苦労をすればするほど成長につながるという考え方があります。確かにストレス経験の一部には、成長につながるものもあります。

会社生活にかかわるストレスは大きく二つに分類されます。一つはチャレンジストレッサーで、もう一つはヒンドランスストレッサーです。Cavanaugh et al(2000)によると、チャレンジストレッサーは、重い責任や時間的プレッシャー、職務範囲の広さなど、成長を遂げるためには乗り越えなければならないもの。一方、ヒンドランスストレッサーは、組織内の駆け引きや役割の曖昧さ、雇用の不安など、目標達成や成長に必要がないと考えられるものです。

同じ“ストレッサー”という分類でも、それぞれ生み出すものが異なります。過去の研究によると、チャレンジストレッサーは情緒的消耗感、フラストレーション、緊張感、身体愁訴などのストレス反応をもたらすものの、ポジティブな成果(パフォーマンス、メンバーの満足度、モチベーション、組織における自尊心とウェルビーイングなど)をもたらしうることがわかっています。その一方で、ヒンドランスストレッサーは、離職行動や反生産的行動を引き起こし、ポジティブな成果との相関は見られませんでした。

ただし、チャレンジストレッサーに分類されるようなストレス経験でも、過度なストレッサーは身体的疲労感やバーンアウトシンドローム(燃え尽き症候群)を引き起こす可能性があります。ある若手社員を抜てきしても、目標や役割が適切ではなく、バックアップが足りずに過度なプレッシャーが続けば、失敗に終わってしまうかもしれません。どこまでがその人にとってのストレッチゾーンで、どこからがパニックゾーンになるかを見極めなければならないのです。

ただし、その境界線を言い当てることは、他人はおろか本人さえできないものです。そこで大切なのは、チャレンジを見守る存在がすぐ近くにいること。何かあったときには相談でき、助けてもらえる環境があれば、人は安心して挑戦することができます。チャレンジストレッサーを成長へのステップとして機能させるためには、「支える人」の重要性も忘れてはなりません。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「チャレンジストレッサー」に関する記事

「チャレンジストレッサー」に関する人事のQ&A

ストレスチェック集団解析結果について

ストレスチェックの結果についてお聞きしたいです
ストレスチェック個人の結果は個人情報なので開示してはいけないのですが
職場集団解析結果は職場内で職場集団解析情報を開示し
職場メンバーで改善項目を話し合...

ピロピロさん
愛知県/ 運輸・倉庫・輸送(従業員数 3001~5000人)
2020/12/17 11:59 ID:QA-0099231 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 2 件

「チャレンジストレッサー」に関する書式・テンプレート