企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジェンダーフリー ジェンダーフリー

従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女が平等に、自らの能力を生かして自由に行動・生活できること。
(2006/6/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェンダーフリーのケーススタディ

「社会的・文化的性差からの自由」を目指す考え方。
男女の固定的な役割分担にとらわれず、個性をのばす。

「ジェンダー」とは、先天的に生物上の雌雄を示す「セックス」という言葉に対し、歴史的・文化的・社会的に形成される男女の差異、また、その差異に対する知識を指す言葉です。1995年の北京で開かれた世界女性会議をきっかけに、一般的になりました。「ジェンダーフリー」とは「歴史的・文化的・社会的性差(ジェンダー=gender)の押し付けから、自由(フリー=free)になる」という意味の和製英語です。

歴史的・文化的・社会的につくり上げられた性差というのは、いわゆる「男らしさ」「女らしさ」といった考えのことです。そこには役割や規範、イメージが伴います。そしてそれは女性や男性の自由な生き方を枠付けして、圧迫しかねません。そうした「らしさ」の縛りにとらわれることなく自分らしさにこだわって生きる、こうした考え方がジェンダーフリーです。

日本では1990年代半ば以降、こうしたジェンダーフリーの考えが広まり、自治体などが男女共同参画に取り組む際に使われてきました。

しかし、ジェンダーフリーという言葉をめぐっては、混乱も起きています。教育現場での男女混合名簿や男女の同一化の動きに対しておかしいという意見も出てきています。

ジェンダーフリーという言葉は、アメリカでも国連でも、公式には使用されていません。社会的性差から自由になることを指す英語は「ジェンダー・バイアス・フリー」です。ここで言うバイアスには、偏った固定概念、という意味があります。

今年6月、「ジェンダーフリー」という言葉の使用をめぐって、福島瑞穂・社民党党首や女性団体の有志が「言論や思想の統制につながることのないようジェンダー概念の正しい理解を周知徹底されたい」とする要望書を猪口邦子・男女共同参画相に提出しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...
ポリティカル・コレクトネス
「ポリティカル・コレクトネス(political correctness)」は直訳すると「政治的な正しさ」。そこから転じて、政治的・社会的に公正かつ中立的で、差別や偏見が含まれていない言葉を言います。1980年代に米国で始まった概念で、人種や民族・文化・宗教・容姿や身分といった、差別や分断につながる...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第70回 新・女性活用時代―― いま改めて注目される「女性活躍推進」について考える(後編)
『前編』は政府の成長戦略の中、改めて「女性活用」が求められている背景と、企業が取り組むべき課題について述べてきた。『後編』では、迫りくる労働力不足の下、どのように「女性活用」に取り組んでいけばいいのか、その考え方と事例を紹介していく。
2014/04/14掲載人事マネジメント解体新書
女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

言葉の定義・使い分けについて
お忙しい中恐れ入ります。 海外に社員を派遣する場合の言葉の使い分けについて教えてください。 「派遣」 「出向」 「赴任」 「駐在」 こちらのことばの4つのどれが適切であるか悩んでおります。 基本的に社命であり重くうけとってもらうにどの言葉がふさわしいのかご教授ください。 そもそも言葉を使い分ける必...
シャドウペイロールとはどんな処理なんでしょうか
海外へ赴任(非居住者)する方の給与計算をする際、シャドウペイロールという言葉を聞きました。どのような処理をするのでしょうか。聴き慣れない言葉なのでもしご存知の方が見えましたらご教示ください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...