企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイエイデザインシート 経営デザインシート

「経営デザインシート」とは、内閣府の知的財産戦略推進事務局が作成した、企業が将来を構想するためのフレームワークです。20世紀は良いものを作れば売れる時代でしたが、21世紀は体験や共感が求められるようになりました。無形資産がより多くの価値を生む時代へと変遷しているのです。知的財産をビジネスモデルと適切に結び付け、ブレイクスルーを目指すためのツールです。

経営デザインシートのケーススタディ

社員、後継者、入社希望者、投資家たちとの
対話を促すコミュニケーションツール

2018年5月に内閣府が公表した経営デザインシートは、A3用紙一枚で自社の歴史や強みを可視化できるもので、少しずつ利用者を増やしています。知的財産戦略本部(首相官邸)のWEBサイトからダウンロードすれば誰でも使うことができる手軽さや、一枚で全体を俯瞰できる網羅性が特長です。原則として、経営者や幹部の利用を想定しています。

経営デザインシートに盛り込む内容は、大まかにまとめると次の通りです。(1)企業理念と事業コンセプト、(2)“これまで”の価値創造メカニズム、(3)“これから”の価値創造メカニズム、(4)“これまで”から“これから”へ移行の戦略です。一枚にこれだけの情報を記入する必要があることから、一つの項目に割ける欄が限られているのもポイント。スペースが足りない分だけ大切な要素しか書けず、企業にとってのコアとなる部分を明確にすることができる利点があります。

では、経営デザインシートはどのような場面で活用できるのでしょうか。経営者や幹部が頭の中を整理することが目的であれば、このフォーマットにこだわる必要はありません。企業の将来を網羅的に記載したシートは、企業を取り巻くステークホルダーとの対話ツールになるのです。経営者と従業員の間でのビジョンの擦り合わせ、経営者と後継者の事業継承、企業と入社希望者の相互理解、企業から投資家への情報提供、パートナー企業とのオープンイノベーションなど、さまざまなシーンで活用できます。

経営デザインシートを書くときに注意すべきなのは、埋めればいいという性質のものではないことです。大切なのは「これから」を構想すること。そのため、ただ現状を言語化するのではなく、実現したい「これから」を起点にバックキャスティングの考え方で現状とつなぎ、戦略を練っていきます。

良いものを作れば売れるという「モノの時代」は終わりました。企業の生存戦略の一つとして、知的財産を含む無形資産を磨くことはとても大切です。自社の強みを正しく認識し、将来像を言葉にして描くことで、これまで見えなかったチャンスが訪れるかもしれません。

・参考
経営をデザインする(内閣府 知的財産戦略本部)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ローカルベンチマーク
「ローカルベンチマーク(ロカベン)」とは、経済産業省が推進する経営診断ツールのこと。企業の経営状態を六つの指標(財務情報)と四つの視点(非財務情報)から把握します。企業や支援者などの異なる立場同士であっても、同じ枠組みを用いることで対話を円滑にする「共通言語」としての役割を持ち、結果はAからDで示さ...
ターンアラウンド・マネジャー
「ターンアラウンド・マネジャー」(Turnaround Manager)とは、経営破綻した企業もしくは経営破綻寸前の状態にある企業を短期間で再生させるために、経営者として登用される事業立て直しのスペシャリストのこと。俗に「企業再生請負人」ともいいます。 (2012/6/11掲載)
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」第36回 「経営理念」を実現する人材マネジメント(前編) ~「経営理念」の作成・浸透が、強い人と組織を作る
厳しい経営環境の中、コスト削減やIT化・合理化で生き残りを図ろうとする企業は少なくない。しかし、それで果たして企業の活力は生まれてくるのだろうか?こんな時代だからこそ、経営者の思い、何より「経営理念」が人と組織にもたらす効果は大きいと考えられる。特に、勢いのあ...
2010/04/19掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...