企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2019/11/29

【ヨミ】ソサエティゴーテンゼロ Society 5.0

「Society 5.0(ソサエティ5.0、超スマート社会)」とは、内閣府が提唱する未来社会のコンセプトのこと。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く次なる社会で、5年ごとに改定されている科学技術基本計画の第5期(2016~2020年度)で初めて提唱されました。ドローン、AI家電、遠隔治療、自動走行といった技術が普及した社会が描かれ、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」と定義されています。

Society 5.0のケーススタディ

情報社会から超スマート社会へ
Society 4.0の課題を払拭できるか

これまでの情報社会(Society 4.0)では、コンピュータの出現によって情報を蓄積したり分析したりすることが可能になりました。また、インターネットの普及によって情報へのアクセスが容易になりました。一方、情報社会に突入してから30年以上が経ち、情報社会におけるさまざまな課題が浮き彫りになっています。蓄積した情報が連携されておらずブラックボックス化していること、過疎化する地域や高齢者のニーズに対応しきれていないこと、情報リテラシーがある人とない人との分断が発生してしまうことなどです。

Society 5.0によって実現する社会は、IoTで全ての人とモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有されて新しい価値を生み出すことで、Society 4.0で課題となっていたことを克服します。

Society 5.0は「サイバー空間とフィジカル空間を融合させた」とありますが、どういうことなのでしょうか。サイバー空間とはクラウドサービスのことで、フィジカル空間とは私たちが実際に生活している物理的な空間のことです。

Society 4.0においては、人間が人力でクラウドサービスにアクセスして情報を出入力していました。これがSociety 5.0になると、ロボットを活用したスマートワーク、高度なセンサーを搭載したIoTなどから、自動的にクラウド空間に情報が集約するようになります。そのビッグデータを用いてさらに豊かな社会を目指していく、という構想です。ただし、今後の社会では持続的であることが求められます。国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」と絡めて、「Society 5.0 for SDGs」というキーワードも生まれています。

日本が「超スマート社会」へと移行していくには、課題もあります。例えば、企業においては「2025年の壁」と呼ばれるように、過去の情報が複雑に保持されすぎているためデジタルトランスフォーメーションがうまく進まないこと、日本のイノベーション力や生産性が他の先進国と比べて低いことなどが挙げられています。こうした課題を解決していくことが、Society 5.0の実現に向けて重要といえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スマートシティ
「スマートシティ」とは、IoTやロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの先端技術を活用して、マネジメント(計画、整備、管理・運営など)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市のこと。内閣府が提唱する日本の未来社会のコンセプト「Society 5.0」を、先行的に実現する場として期待が高まっ...
弱い紐帯の強み
「弱い紐帯の強み」とは、米国の社会学者マーク・グラノヴェッターが発表した社会的ネットワークに関する仮説です。グラノヴェッターによれば、新規性の高い価値ある情報は、自分の家族や親友、職場の仲間といった社会的つながりが強い人々(強い紐帯)よりも、知り合いの知り合い、ちょっとした知り合いなど社会的つなが...
ヘルスリテラシー
「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持...

関連する記事

今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート
広がるネット情報とどうつき合うか 企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの情報を得る...
2013/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
1. 新入社員研修とは
新入社員研修とは、企業が行う階層別研修のうち、文字通り、新入社員に対して実施される研修のことである。入社後すぐに実施され、学生という身分から社会人となることを目的に、会社組織で職務・業務を遂行する上で必要な知識やスキル、ビジネスマナーなどの基本を身に付けてもら...
2012/11/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
人事情報システムについて
人事情報システムの導入を検討中です。 ①異動等を検討する際に人事情報として必要な情報は、年齢、学歴、職歴、異動歴、資格等が考えられますが、他に一般的に人事情報として利用されている情報を教えて下さい。 ②一旦、Access等で作成する場合、各社様が開発されている人事情報システムを購入し、インポートがう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...