企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2019/09/02

【ヨミ】アブセンティーイズム アブセンティーイズム

「アブセンティーイズム」とは、英語の「absent(欠席)」から派生した言葉で、労働者が出勤日に欠勤している状態のことをいいます。継続的に欠勤するという点ではストライキ行為に近い部分がありますが、目的があって組織的に行われるストライキと異なり、欠勤している状態が企業の生産性にどのような損失を与えるかを説明する文脈でアブセンティーイズムは使われます。対にある概念は「プレゼンティーイズム」。習慣的な欠勤により起こる損失がアブセンティーイズムで、出勤しているのに生産性が悪く損失が起こる状態がプレゼンティーイズムです。

アブセンティーイズムのケーススタディ

有休、病欠、育休、忌引き
どんな休みが企業の損失につながるか

「欠勤」が例として出されることが多いアブセンティーイズムですが、遅刻や早退、必要以上に長い休憩を取るなども含まれ、業務に就けない状態全般を指します。東京大学政策ビジョン研究センター(現:東京大学未来ビジョン研究センター) の健康経営研究ユニットが2016年に発表した調査結果によると、アブセンティーイズムが企業にもたらす損失は、日本企業における健康関連総コストの約4.4%を占めます。(健康関連総コスト:医療費や労災給付金など。なお、相対的プレゼンティーイズムによる損失は全体の77.9%)

「欠勤」は大きく三つのパターンに分けられます。

  1. 想定内かつ承認済
  2. 想定外だが承認済
  3. 想定外で未承認

このうち、(1)には有給休暇や産休・育休が当てはまり、(2)には病気や事故による休暇、忌引きなどが当てはまります。問題視されるのは(3)の「想定外で未承認」の欠勤です。組織へのエンゲージメントが低く、正当な理由なく休むことや、過労による欠勤や燃え尽き症候群も(3)に当てはまります。

労働者の権利を守り幸福度を上げることは生産性の向上につながるため、(1)と(2)は必要な欠勤ととらえられます。では、(3)による損失を減らしていくため、企業には何ができるのでしょうか。まずは欠勤している従業員と対話をすること。なぜ休んでいるのかを話し合うと、職場の人間関係や家族内の問題など、解決可能な手段が浮かび上がるかもしれません。過労や燃え尽き症候群による欠勤の場合は、業務分担の見直しや超過分の労働に対するインセンティブを付与することもアプローチの一つです。

また、正当な理由なく継続して休む従業員がいる職場では、周囲の負担も増え、心理的にもマイナスな影響を与えます。アブセンティーイズムが深刻化する前に、企業は健康経営に取り組んだり、1on1で従業員について知る機会を設けたりするなど、「想定外で未承認」の欠勤が起こりにくい組織作りに取り組むことが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

プレゼンティーイズム
「プレゼンティーイズム」(Presenteeism)とは、従業員が出社していても、何らかの不調のせいで頭や体が思うように働かず、本来発揮されるべきパフォーマンス(職務遂行能力)が低下している状態のこと。日本語では「疾病就業」と訳されます。頭痛や胃腸の不調、軽度のうつ、花粉症のアレルギー症といった、つ...
健康会計
「健康会計」とは、2008年に経済産業省(以下、経産省)が提唱した、企業による健康への取り組みを評価する新しい会計制度の呼称。従業員の健康増進のために企業がどれだけ投資したか、その「費用」と「効果」を定量的に把握、可視化するしくみで、健康投資に対する適切な意思決定を可能にするとともに、健康づくりに...
エンゲージメント
「エンゲージメント」とは、従業員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」をあらわすものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。近年、若年層の職業観の変化や終身雇用制度の崩壊、少子化に伴う人手不足が進み、企業は長期的観点から...

関連する記事

私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくこと...
2009/04/13掲載人事・労務実態調査
いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第105回 「健康経営」の時代 ~「コスト」から「投資」へ、健康増進への取り組みを位置付ける(前編)
従業員の健康は、企業経営を支える重要な基盤である。しかし、過重労働による心身の不調や生活習慣病の増加、それらに伴う医療費負担の増加など、その基盤を揺るがすリスクは年々高まっている。そうした中、健康増進への取り組みを経営上の「コスト」ではなく、戦略的な「投資」と...
2017/04/20掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

傷病手当金について
いつも御世話になっております。 傷病手当金の申請で、「継続した欠勤の4日目から」とありますが、 例えば・・・   2/1 欠勤 2/2 欠勤 2/3 欠勤 2/4 公休 2/5 欠勤 というふうに欠勤した場合、2/5から傷病手当金が発生すると思いますが、 2/1 欠勤 2/2 出勤 2/3 出勤 ...
欠勤の承認
いつもお世話になっています。 さて、 社員が有給休暇を持っているのに、その休暇を取っておきたいために、私用で2日の欠勤を取りたいと言ってきた場合は、その欠勤は許可せず「無断欠勤」扱いにしてよろしいでしょうか?
欠勤控除について
固定給の者が、私傷病で1ヶ月間全ての出勤日を欠勤した場合、日数で欠勤控除し給与を支払うべきなのか、全くの無給で良いのかを教えていただけないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...