【ヨミ】タイショクキュウフセイドカイケイ 退職給付制度会計

将来、企業が従業員に支払わなければならない年金や退職金を厳密に見積もり、これに対する企業の準備状況を開示する会計制度。2001年3月期から上場企業に適用されました。
(2005/9/16掲載)

退職給付制度会計のケーススタディ

年金や退職金について十分な支払い
準備をしているかどうかを開示する

これまでの企業会計では将来支払う退職金や年金は「隠れ債務」と言われ、正式な債務としては認識されていませんでした。しかし、従業員の高齢化が進み、退職金や年金が企業にとって大きな負担となってきたことから、企業の財務状況をより正確に把握するために退職給付制度会計が導入され、年金債務を貸借対照表に計上することが義務化されたのです。

これにより、年金で積み立てた資産の運用利回りの低下や、資産の含み損などによる年金資産の積み立て不足の状況が明らかになりました。不足分は企業が一定期間で穴埋めする義務を負っており、長・中期的に見れば企業業績を圧迫する大きな要因となります。このため株価や格付けへの影響を懸念する企業は、相次いで積み立て不足を前倒しして処理をするようになりました。

日産自動車は現在の税制適格年金と厚生年金基金を柱とするグループの企業年金制度を、2005年7月から新たな制度に再編。これを機に日産本体と子会社と日産車体の税制適格年金が抱える積み立て不足約2280億円を現金で穴埋めしました。同社は5期連続で最高益を更新するなど業績が好調なことから、今が懸案だった年金問題を一気に解決する好機と判断したようです。

最近では、新型年金の導入など制度改革が進み、株式相場の上昇による運営成績の向上なども追い風となり、企業の年金の会計上の負担は軽減されつつあるようです。日本経済新聞社の調べによると、上場企業全体の積み立て不足の合計は2005年3月期末で8兆1000億円弱で、ピークだった2003年3月期の17兆5000億円から半減しました。ただ、積み立ては十分とは言い難く、年金財務の健全化にはまだ課題があるとの指摘が少なくありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード