企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スローキャリア スローキャリア

仕事はほどほどに、のんびり会社生活をするという意味ではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視しながらキャリアを形成していく考え方のこと。会社での出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていく考え方とは異なります。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授の高橋俊介氏による造語で、その著書『スローキャリア』(PHP研究所)の出版によって広く知られるようになりました。
(2004/10/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スローキャリアのケーススタディ

上昇志向は強くないけれど
プロフェッショナルな能力を発揮する

会社組織で出世して、より大きな仕事や収入を手に入れたい――そんな上昇志向の動機を持ち、計画的にキャリアアップしていこうとする人がいます。かつての高度経済成長の時代には、そういったタイプの社員たちが奮闘して、日本の会社を引っ張っていきました。不況、構造改革、業界再編など経済情勢が変化した今の時代でも、会社には上昇志向型の社員が多いかもしれません。また経営者層も、上昇志向型の社員を求め、「上昇志向のない者はダメ人間だ」といった意識を持つ傾向があるかもしれません。

しかし『スローキャリア』の中で高橋教授は、
「すべての働く者が上昇志向を持っているわけではない」
と指摘します。上昇志向は強くないけれども、仕事にはできるだけ前向きに行きたい。出世することとは別の部分に生きがいを見出して、充実したキャリアを送りたい――そんなふうに考えて働いている人が少なくないし、その中にはプロフェッショナルな能力を発揮して会社に貢献できる優秀層も少なくないと言います。

それなのに多くの企業では、いまだに社員の序列を重視したり、上昇志向型の社員を優秀と見なしたりする人事制度を採っています。「スローキャリア」の思考を持つ人を企業がきちんと受け入れていないという現実があるのです。

「人々の上昇志向を活用してモチベーションを引き出すというマネジメントが、これまで当然のように行なわれてきた。だが出世すれば誰もが幸せになれるわけではないし、皆が上昇志向を持っているわけではないのは明らかなのだから、全員に上をめざさせたり、他人より早く出世することだけに価値を見出すのはもうやめようというのが、私の主張するところである」(『スローキャリア』27ページ)

今のビジネスは上昇志向型の社員だけではうまくいかない。スローキャリアの思考を持って自律行動をとる優秀な社員をうまく活用しないと競争力が発揮できない。そのことに気づいた企業では、スローキャリア重視の人材マネジメントを始めています(同書の中では、たとえば「FA制度」を始めた日興コーディアル証券、「キャリアビュー制度」のリクルート、「コミュニティ社員制度」のイオングループが紹介されています)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...

関連する記事

高橋俊介さん 「スローキャリア」人材をつぶす上昇志向型の人事
上昇志向を持ち、出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていくのではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視する――そんな「スローキャリア」の思考を持った社員が増えています。キャリアについての調査研究を第一線で行っている慶應大学教授・高橋俊...
2004/10/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中か...
2013/01/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
梅森浩一さん 「外資のまねをした人事制度改革は失敗する」
外資のまねをした日本企業の中には、新しい人事制度がうまく機能せず、社員の活力も出ないと悩んでいるところが少なくありません。なぜでしょうか。人事のプロフェッショナルとして、4つの外資系企業に勤務したコンサルタント・梅森浩一さんが分析します。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...