企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「SRI」関連のコンテンツ

  • 1

9件中 19件を表示

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンス対策導入の注意点
コンプライアンス対策導入の注意点を解説。コンプライアンス対策の基本的なスタンスやコンプライアンス対策の際の外部ブレーンの活用法、継続的なコンプライアンス体制の維持などについて、整理する。

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンス教育・監査のポイント
コンプライアンス体制を機能させる上で重要なのが、経営陣から従業員(アルバイト、パート、派遣スタッフなども含む)までの全役職員に対する教育、「コンプライアンス啓蒙活動」だ。「企業利益と倫理が相反する場合には、必ず倫理を優先させる」という基本原則を全員が...

記事・コラム2013/03/22
一般的なコンプライアンス対策
法令違反が起こりにくい企業体質をつくりあげるためには、「コンプライアンス体制の整備」と「コンプライアンス啓蒙活動の徹底」の両輪が不可欠だ。ここでは、企業がコンプライアンス違反を出さないための様々な対策について整理する。

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンス違反から生じる影響
企業のコンプライアンスに対する姿勢に社会の関心が高まったことで、問題が発生した場合に企業が受けるダメージもいちだんと大きくなった。実際にコンプライアンス違反が原因で倒産した企業、事業の大幅な縮小を余儀なくされた企業は多い。コンプライアンス違反が起こっ...

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンスが問題になる主なケース
コンプライアンス違反が問題となる状況にはさまざまなものがある。基本的な対象になる主な法令、社内規則を解説。さらに、企業に起こりうる不祥事の代表的な事例を整理する。

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンスとは
近年、社内に法令違反を防止する「コンプライアンス体制」を構築し、運用していることが企業責任と考える風潮が強まっている。違法行為が発覚すると、行政処分だけでなく、取引先や消費者からの信用を失い、事業継続が不可能になることも珍しくない。企業にとっても避け...

記事・コラム2012/06/25
人事マネジメント「解体新書」第57回
社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。『前編』で...

記事・コラム2006/12/11
秋山をねさん
企業価値を高める「CSR」と「SRI」
企業が社会の一員としての意識を高め、活動を展開することは、市民や消費者にとっても大きなメリットがあります。将来を見越して今後の社会生活を考えたときに、CSRを意識した事業活動を展開する企業を育成していく、という市民の意識はますます高まっていくでしょう...

記事・コラム2005/06/20
コンプライアンスと労働法
~企業・従業員とコンプライアンスの関係
さまざまな形で関わっている「コンプライアンス」と「労働法」――。第1回では、両者の基礎知識について紹介します。

  • 1

9件中 19件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会