無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

困難や逆境に打ち勝つ力 │ 「レジリエンス」を高めるには

難しい課題や問題に取り組んでいる会議なのに、活発に意見が出て、笑顔まで絶やさないメンバー達。
交わされる会話に耳を傾け、他人事として捉えない姿勢や、前向きに取り組む姿勢。
こんな理想的な会議を展開している会社が実際にあります。

 

この会社では、長い時間をかけて「改善レジリエンス」と「問題解決レジリエンス」を高めるトレーニングを行い続けています。

 

今回は、レジリエンスの高い会社がやっていること、についておはなしします。

組織全体が変化に適応し、成長を続ける力「レジリエンス」。
リーダーがポジティブな姿勢を示し、柔軟に対応し、問題解決能力を発揮することで、チームメンバーも同様の姿勢を身につけることができます。
最後まで、お付き合いください。

 

逆境を乗り越えるために

このコラムでも、何度か紹介した「レジリエンス」。
それは、困難や逆境に対処し、それに打ち勝つ力を指し、直面する変化の激しい環境や予測不可能な要素に対し、レジリエンスはとても大切です。
レジリエンスは、次のような点で組織やチームに高いパフォーマンスを生み出します。

・変化に適応する力
組織やチーム内で高いレジリエンスを維持することができれば、変化に対して臨機応変に対応し、高いパフォーマンスを持続できます。

・ストレスやプレッシャーに対する耐性
ストレスやプレッシャーは、業務を遂行する上で避けられません。
レジリエンスがあれば、これらに冷静に対処し、業務効率を維持できます。

・失敗や挫折からの回復
ストレス同様、失敗や挫折も避けられませんが、レジリエンスがあれば、そうした状況から素早く立ち直り、新たなチャンスを見つけ出すことができます。
これは、心理的要因として組織の改革力向上にも繋がります。

・ポジティブな姿勢の維持
仕事をする上で、ポジティブな姿勢が成功への鍵となります。
高いレジリエンスがあれば、困難な状況に対しても前向きさを失わず、周囲にも良い影響をあたえることができます。

 

レジリエンスを育むためのリーダーの役割

ビジネスリーダーがレジリエンスを育むために、取り組むべきことは以下の通りです。

・前向きな姿勢を示す
常に前向きな姿勢を示すことが重要です。困難な状況でも希望を持ち、チームにとって良い方向に導くことが求められます。

・挑戦を奨励する
新しいアイデアやアプローチに、積極的に挑戦する文化を醸成することで、チームのレジリエンスを高めることができます。

・フィードバックを積極的に行う
フィードバックを通じて、部下やチームメンバーの成長を促すことができます。
適切なフィードバックは、レジリエンスを高める上で非常に効果的です。

・チームビルディングを行う
チームビルディング活動を通じてチームの結束を高め、困難に立ち向かう力を養うことができます。

・自己管理能力を高める
自身のストレス管理や時間管理能力を高めることで、チームに良い影響を与えることができます。

・学習と成長を促す
自己学習やチームメンバーの成長を促すことで、レジリエンスを高めることができます。

 

これらの取り組みにより、ビジネスリーダーはチーム全体のレジリエンスを高め、変化に対応し成長を遂げることができるでしょう。

 

革新の風を吹かせる組織

私がご支援するとある企業では、10年前からレジリエンスを高めるための活動が全社展開されています。改善や問題解決に挑む姿勢が徐々に変化し、その変化が業績にも表れています。

ここ数年では、行政、銀行、同業者など利害関係者からの見学も多くなっており、「注目を集める会社」になったそうです。

この企業では、レジリエンスというと幅広い活動が必要になると考え、自らの強みと弱みを分析しました。改善を諦めない力「改善レジリエンス」と、問題解決を諦めない力「問題解決レジリエンス」を高めるために、活動の具体化から始めました。

この企業の凄い所は「全社一丸」でこの課題に取り組んでいることです。

初期の段階では、経営幹部・管理職が「改善レジリエンスと問題解決レジリエンス」を高める訓練に挑みました。
特に共感力・対話力を高める訓練と、問題を細かく分けてシンプルに考える(チャンクダウン)訓練を二本柱で展開していました。

その後は、リーダー職や次世代リーダーにまで裾野を広げ、各階層に合わせて二本柱の訓練を継続して受けています。

経営者層では、「組織の風通しが良くなったのと、どんなときでも笑顔を絶やさない雰囲気が文化として定着し、それが業績にも表れている。だからこそ、全社員にこの訓練を受けさせる!」という方針まで打ち立てました。

確かに、他の組織と比べても、問題をポジティブに捉え、周囲を巻き込む姿勢は秀でるチームばかりです。

改善と問題解決にフォーカスしたレジリエンス育成の取り組みは、組織全体の強靭さを高め、変化に対応し続けるための重要な手段となっているようです。

これからも、業界に革新の風を吹かせる組織として発展することでしょう。

 

組織全体が変化に適応し、成長を続ける力「レジリエンス」。

高いレジリエンスを組織文化に根付かせる。

小さなことからはじめてみませんか?

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

事業承継という一生に一度の戦略だからこそ押さえたいポイント

タナベコンサルティング コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

事業承継という一生に一度の戦略だからこそ押さえたいポイント 事業を興して会社を立ち上げ、成長させて企業価値を高め、社会...

2024/05/20 ID:CA-0005364 MIRAI承継(未来承継・経営承継・事業承継)

肯定力で変える職場の空気 │ 魔法の言葉「なるほどね~」

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

「坂田さん、なんか雰囲気が変わってきましたよ。」 と、若手リーダーからメールが届きました。 このリーダーは、会議を開いて...

2024/05/20 ID:CA-0005361 ファシリテーション