無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

説明・説得上手になるためのノウハウ

部下や後輩に作業標準や手順を伝えても、なかなか理解してもらえない。

やってはいけない危険作業を説明しているのに、なぜかその作業をやってしまう。
頼んでおいたのに、期待通りのパフォーマンスを発揮してくれない。

もしかしたら、あなたの”言葉”が相手の心に響いていないのかもしれません。

今回は、伝える技術、説明や 説得上手 になるためのノウハウについてのお話しです。
あなたの言葉選び次第で、相手の行動を変容させることができます。

 

脳内にあるプログラム「メタプログラム」

私たちの脳内では、言語を処理してその意味を理解しています。

そして、その処理にはメタプログラムというプログラムを使って処理することが解っています。
あなたや、あなたの部下や後輩も、このメタプログラムを使って言葉を理解しています。

現時点で、メタプログラムは150個以上発見されており、人の言葉の理解の研究が進んでいます。

例えば「この書類読んでおいて」と言われたケースと「この書類見ておいて」と言われた場合、あなたはどちらが”納得”して書類内容を確認・把握しようと思いますか?

この質問をすると、約55%の方が「見ておいて」と言われた方が、”読もう!”という気持ちになります」と答えてくださいます。
また、「読んでおいて」と言われて、”読もう!”という気持ちになる方は、約3%です。
ちなみに「見ておいて」と言われて、行動を起こそうとする人は「視覚型」のメタプログラムを脳内に有しています。

また、「読んでおいて」と言われて、行動を起こそうとする人は「読解型」のメタプログラムを脳内に有しています。
さらには、「聴覚優位型」や「体感覚型」のメタプログラムも発見されています。

 

相手のメタプログラムに合わせて伝えるテクニック

あなたが人と話す場合、相手がどのメタプログラムを有しているかをプロファイルし、そのプログラムに合わせた言葉を使って話すテクニックを「LABプロファイル®」と呼びます。

LABとは、Language and behaviorの略です。

私たちの脳は、YESと思うことが繰り返されることで、モノゴトを理解します。
あなたも、上司や先輩の話を聴いていて、”YES!”と思うことが続くと、その理解の深さや明確さが高まることでしょう。

ところが、上司や先輩の話を聴いていて

・ん?なんのことだろう。
・えっ?何を言っているんだろう?
・はぁ?さっぱり解らない・・・・

と感覚を抱く(YESでなくNOの状態)と、相手の話している内容が全くといっていいほど入ってこなくなるはずです。

そう、私たちの脳は、YESが続くコトでモノゴトを理解し、NOの数が増えれば増えるほどモノゴトの理解ができなくなります。

LABプロファイル®では、相手にYESと思わせる言葉を、相手のメタプログラムに合わせて選びながら伝えることができるテクニックです。

目から入るのは、光の情報。
耳から入るのは、音の情報。
鼻や口からは、化学物質情報。
体からは、体感覚情報。

私たちの脳は、その情報を外部から取り入れ、メタプログラムを使って処理し、枠組みや意味づけをして”理解”をしています。

ところが、全ての物理化学的な情報を取り入れて、メタプログラムが処理をしているのかというと、そうでは無いようです。
過去の経験や知識を使って、情報の歪曲や削除をしていることが解っています。

 

LABプロファイル®の活用が説明上手、 説得上手 への近道

 

ビジネスシーンにおいても、あなたは多くの歪曲や削除をしながら情報処理をしています。
もちろん、あなたの部下や後輩も同じです。
そして、情報の歪曲や削除が増えれば増えるほど、人は”NO”という感覚意識を持ちます。

逆に、歪曲や削除が少なければ”YES”の感覚意識を多く抱きます。

LABプロファイル®を使って、相手のメタプログラムを把握し、歪曲や削除のクセをつかんでおけば、良好なコミュニケーションを実現し「説明上手、 説得上手 」と言われるようになります。

人には、理解しやすい言葉がある。
人には、理解できない言葉がある。
相手に理解できる言葉を選ぶことが大切。

相手の心に響く言葉は、行動や意識を変容させます。
あなたの言葉選び次第で、相手の行動を変容させることができます。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム