無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

呼吸と姿勢を整えて、モチベーションUP!

私の住む街でも、氷点下を記録し今シーズン最低気温の日がやって来ました。

まさに『冬本番!』といった感じなのですが、あなたの住む街ではいかがでしょうか?
この寒さの中だと、つい背中を丸めて下向き加減で歩いてしまったり、ちょっと自信なさげに見られるような姿勢で歩くことが多くなったりしませんか?

今回は、姿勢とモチベーションの関係についてのおはなしです。
ストレスが軽くなると同時に、行動力が高まりますよ。

 

胸をはって、正しい姿勢で呼吸をしてみましょう。

以前、デスクワークの作業ミスが減らないというご相談を頂きました。
その現場へ行って作業を直接確認しているとき『あれ?なんか変だな』と感じたことがありました。

私は、このようなことを現場で確認するとき、作業をしている人の『キュー:cues』を観察するようにしています。

『キュー』とは、相手の心理状態を知る手がかりとして、目の動きや、 呼吸と姿勢 、声のトーンなどを観察することです。NLP(神経言語プログラミング)やLABプロファイル®(影響言語)を学んだ人なら、よく使用する観察手法です。

そして、作業ミスが多発するデスクで仕事をしている方の『キュー』を観察していると、呼吸を止めている時間帯があることに気付きました。

その時間帯とは「キーボード入力をしているとき」です。

この観察結果を確認するため、その本人に話してみると「あ~たしかに、キーボード入力している時って、呼吸を止めているかも。」といった答えが返ってきました。

そして、周囲の人も同じような感覚を持っているコトがわかりました。

どうやら、私たちがキーボードでの入力作業をしている最中は、無意識に呼吸を止めてしまっているようなのです。

なぜ、その作業をしているとき、呼吸が止まってしまうのか理由は解りませんが、キーボードを使った入力作業は、呼吸を止めてしまうくらい集中しなければならないからだと私は思っています。

 

キーボードの入力作業中に、体に起こっていること

キーボードの入力作業中は、背中を丸め肺の容積を圧迫した状態で、そのとき呼吸を止めたら体に入ってくる空気の量が減ることは明らかで、集中力やモチベーションに悪い影響を与えます。

ある研修生が、WEB研修中に、血中酸素濃度計を装着して受講し続けたところ、1時間で4%も血中酸素濃度が下がったと報告をしてくれたこともあり「 呼吸と姿勢 は体への影響が大きいんだな~」と感じたことがあります。

この 呼吸と姿勢 は、科学的にも実験が行われており、姿勢を正して呼吸をすると行動力を高める『テストステロン』という脳内ホルモンが分泌されることや、ストレスホルモンとして知られる『コルチゾール』が減ることが解っています。

仕事をするときには
①胸を張って、新鮮な空気を沢山肺に取り込む。
②胸を張って、テストステロンを増やし、前向きな思考に切り替える。
③胸を張って、コルチゾールを減らし、ストレス低減につなげる。

胸を張って、体の中に新しい空気を取り込みましょう!

レジリエンスを高める簡単な方法です。
忙しい年末だからこそ、意識したい行動ですね。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

上司に気づきを促す伝え方/部下の共感を引き出す3つのポイント

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士)

上司と部下それぞれの伝え方にちょっとしたコツを取り入れて、よりスムーズな意思疎通につなげていくヒントについて 考えていき...

2022/05/18 ID:CA-0004093 技術系企業に特化したダイバーシティ推進PJ