無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

再就職支援やリスキリングに業務の自動化はいかがでしょうか

こんにちは。Pythonエンジニア育成推進協会の吉政でございます。今日は再就職支援やリスキリングについて私見を述べたいと思います。

昨今リスキリングの話が出ていますが、実は再就職支援もリスキリングと同じ重要な点があります。この両者とも、対象者が今持っているノウハウを活かした+アルファの教育が有効である点ということです。

もちろん、リスキリングも再就職支援も、今までのノウハウを無視して全く新しいスキルを身につけさせるというのも方法としてはありですが、単純に考えても今のスキルを活かした新しいスキルを身につけたほうが成長も早く、仕事ができるレベルに成長するのも早いと思います。

では、そんな方法はあるのか?という話ですが、それが業務の自動化です。多くの方は仕事をしてきているので、仕事で培ってきたノウハウがあります。そして、多くの業務において自動化は効果があり、そして、多くの企業において業務の自動化導入の余地があると考えています。

少し前のニュースで日本は他の先進諸国やASEAN諸国と比べて、業務における雑務の比率が圧倒的に多く、雑務が多い国一位となっています。興味がある方はネットで検索して原文を見てほしいと思うのですが、雑務の定義はアンケートに回答した人が考える雑務という定義なので、その国や会社の文化によって雑務の内容は違っているとは思います。ただ、日本の企業においては35.1%が雑務という結果が出ています。

35%という雑務の比率ですが、もちろん企業や職務によっても違うと思います。しかし、雑務がない職務によってもないと思います。

さて、話をリスキリングと再就職支援に戻しますが、今のスキルに、以下のスキルを身につけることで、業務の自動化コンサルタントとして仕事ができるようになると考えています。

・RPAの構築・運用ノウハウ

・Excelによる業務の自動化プログラムを組むノウハウ

・Pythonによる業務の自動化プログラムを組むノウハウ

RPAとExcelとPythonのどれを使うかという話ですが、最近はライセンス料金を払い続ける必要がないExcelやPythonが選ばれるケースが増えているようです。

Pythonに関しては、Windows上でプログラミングをすることを解説している書籍も増えてきており、Pythonを活用した業務の自動化を進める書籍も何冊か出てきています。リスキリングや再就職支援でPythonによる業務の自動化プログラミングの研修を受講することで道が開けそうに思えます。興味がある方はPythonによる業務の自動化に関する書籍や研修を調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

  • 資格取得

年間登壇約20回、連載数15本以上、顧問先14社を持つマーケッター。著書「ITエンジニア向け企画力と企画書の教科書」大手企業の職級査定審査員

日本を代表する大手企業を中心にマーケティング支援を実施。日本のIT業界の発展のためには教育が重要であると考え、LinuxやXML、PHP、Ruby on Rails、Python、IPv6の検定試験を立ち上げ、運営組織の代表を歴任する。

吉政忠志(ヨシマサタダシ) 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事

吉政忠志
対応エリア 全国
所在地 江東区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

新入社員の定着率が大きく変わる 入社時教育の仕掛け方

原田 由美子(Six Stars Consulting株式会社 代表取締役(人材育成コンサルタント、キャリアコンサルタント/国家資格))

新入社員が配属になる職場の上司や先輩にお話を伺ってみると、新入社員が職場に配属することを楽しみにしている一方で、自分達と...

2024/02/19 ID:CA-0005128 新入社員の定着率を左右する職場環境づくり