無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

Python社員教育で重要なPythonic

企業、学校を問わずPythonの人材育成の熱がとても高くなっています。Pythonというプログラミング言語は20年以上も前から存在していますが、この数年で、人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラの分野でPythonが中心的な技術として活用されるようになり、Pythonのニーズが一気に高まった様相です。人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラはどれをとっても大きな市場であり、その一つで中心的に活用されただけでも大きなムーブメントになるようなイメージですが、Pythonはこの4つの市場で大きなムーブメントを迎えるようになったため、Pythonの人材育成熱がとても高くなっています。

市場ではPythonの書籍が大量に出版され、あちこちのスクールで研修コースが開催されています。人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラの分野は今後も長期間成長していく分野ですので、Pythonの教育をされることはとても賛成です。

ただし、忘れてはいけないことがあります。それは、多くのプログラミング言語やフレームワークに存在しているお作法です。このお作法は、プログラミングの考え方や書き方、ルールなどをまとめたもので、これを知らずして、品質の高いプログラミング、保守性の高いプログラミングは難しいと考えています。企業の研修でお作法を教えずに実施をすれば、育成されたプログラマーは障害を起こしやすくなり、成果物のプログラミングコードは保守性が悪くなります。お作法を知らないプログラマーは利益を悪化させやすいといっても過言ではないと考えています。

Pythonで言うお作法とは、「Pythonic(パイソニック)」であり「PythonZen(パイソンゼン)」になります。簡単な説明を以下に書きます。

  • プログラミングフィロソフィー「Pythonic」
    • Pythonを使う人たちの間で共有されている造語に「pythonic」というものがあります。「Pythonic」はプログラミングフィロソフィーに関して幅広い意味を含むことばです。Pythonの素晴らしさを最大限に引き出せるエンジニアを多く輩出できるように当協会は「Pythonic」の理解促進を目標の一つに掲げています。
  • Pythonの心得「The Zen of Python」または「PythonZen」
    • Pythonの設計について記述されたイディオム集
    • 「Zen」は日本語の「禅」から来ています。The Zen of Python とは、Pythonの禅としてPythonの設計について記述されたイディオム集です。Pythonのインタプリタで、 import this と実行すると英文で内容が表示されます。
    • Pythonを学ぶ際に、是非熟読しておいていただきたいです。

社内で研修をされる際には、この二つを是非解説いただき、社員の方に「Pythonic」であり「PythonZen」を意識してコーデイングするように教えて欲しいものです。とはいっても、講師が不足しており、「Pythonic」であり「PythonZen」を知らない講師も散見されるようになりました。売れている書籍でも「Pythonic」に書かれていない書籍も存在しており、当協会としては由々しき事態であると考えております。

人事部の方に、「Pythonic」であり「PythonZen」を知っている講師かどうかを見分けるのはとても難しいと思いますので、このコラムの最後に「Pythonic」であり「PythonZen」を知っている講師かどうかを見分ける方法を提案します。(この方法でも100%見分けられませんが、参考情報になると思います)

是非、講師の方の名前をインターネットで検索してみてください。Python以外の言語のコンテンツばかり出て来る講師の方は、気を付けた方がいいかもしれません。あとは講師の方がPyCon JPやPyCon JP Boot Camp、Stapy(みんなのPython勉強会)、BP Studyなどの有名なPythonコミュニティのイベントや勉強会で登壇経験がある方や運営メンバーだったりするとかなり、期待できます。

Pythonの間違えた理解を教えられては正直言って困ると思うのです。

ご参考になれば幸いです。

  • 資格取得

年間登壇約20回、連載数15本以上、顧問先14社を持つマーケッター。著書「ITエンジニア向け企画力と企画書の教科書」大手企業の職級査定審査員

日本を代表する大手企業を中心にマーケティング支援を実施。日本のIT業界の発展のためには教育が重要であると考え、LinuxやXML、PHP、Ruby on Rails、ヤマハネットワーク機器の検定試験を立ち上げ、運営組織の代表を歴任する。

吉政忠志(ヨシマサタダシ) 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事

吉政忠志
対応エリア 全国
所在地 江東区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム