企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナル情報

的場正晃(マトバマサアキ)
PHP研究所 研修企画部長

的場正晃

使命感を共有し、全員が活躍できる組織へ

松下幸之助の経営観・人間観をベースにした研修プログラムにより、強い個と組織づくりを同時に実現します。

5件中 1~5件を表示
  • 1

若手が育ちにくい、ミドルの負担が大きい、ベテランのやる気が上がらない……。企業の人材育成における課題は、組織改革ですべて解決ということはありえません。「人が育つ現場」を復活させる手立てはあるのでしょうか。   人材育成の中心はOJT 企業における人材育成の中心がOJT(On the Job Tr...

  • 投稿日:2019/08/15 12:00
  • テーマ: 組織開発
  • ID:CA-0003042

近年、企業や人材開発業界において「組織開発」が注目されています。現在、日本は第2次組織開発ブームが来ていると言われています。 ブームの裏には十分な知識や理解がないままに組織開発を実施し、思うような結果を得ることが出来ず組織開発自体が否定されてしまう危険性も存在しています。そこで組織開発とは何かについ...

  • 投稿日:2019/07/17 18:53
  • テーマ: 組織開発
  • ID:CA-0003022

中原淳氏が提唱する人材育成法「フィードバック」を管理職研修に導入する企業が増えています。しかし、研修でスキルを教えるだけでは、部下育成の効果がなかなか上がらないことがわかってきました。組織に定着させるためには何が必要なのでしょうか? 「フィードバック」を導入する企業が増加 部下育成の手法として、...

  • 投稿日:2019/06/27 13:18
  • テーマ: 組織開発
  • ID:CA-0003003

AIの登場で「右脳」の働きに注目が集まる ビジネスで活躍できる人材とは、「右脳」と「左脳」をバランスよく使える「ハイブリッド型人材」であるといわれます。 この場合の右脳とは、感性や気づきなどをつかさどる働きのことです。 また左脳とは、論理的思考やデータ解析などをつかさどる働きといえるでしょう。...


右肩上がりの経済成長が実現していた時代は、上意下達のマネジメントが機能していました。上司が与える指示・命令に、部下が忠実に従うような組織が「強い組織」とされ、実際に成果をあげていました。 しかし、1990年代半ば以降、経済成長の鈍化とともに、市場環境の先行きが不透明さを増し、上司自身の経験値に基づ...


  • 1

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 従業員の自律的なキャリア開発を支援する

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...