企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

採用コミュニケーション設計のポイント(1)全5回

  • 2019/04/12 11:52
  • テーマ:採用

採用活動は企業と応募者のコミュニケーションの積み重ねです。
採用コミュニケーションの質も、採用プロジェクトの成果を左右する
重要因子であると言っても過言ではありません。

初期選考過程におけるAI活用をはじめ、
採用活動においてもHR Techは今後ますます浸透と拡大をしていくものと思われますが、
一切のコミュニケーションなしに採用活動が成立する時代はそう簡単に到来することはないでしょう。

なぜなら、応募者と企業の双方がコミュニケーションを不要としない限り、
言い換えればどちらか一方でもコミュニケーションを希望する限り、
そこにコミュニケーションは必須となってくるからです。

今回はこの、採用活動におけるコミュニケーション、がテーマです。
採用コミュニケーションは、企業視点から見ると以下の2パターンに大別できます。

a) 応募者に対する情報の伝達
b) 応募者に関する情報の収集

今回は便宜上、aを 「採用コミュニケーション」 と位置付けて、
そのポイントを整理してみたいと思います。


関連情報

●資料ダウンロード
採用コミュニケーション設計フォーマット例

お役立ちツール

採用コミュニケーション設計フォーマット例

採用コミュニケーションの設計にフォーカスしたフォーマット例です。


●資料ダウンロード
「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

レポート・調査データ

「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

「採用戦略を抜本的に見直したいが、なかなか着手できていない」という企業が多いなか、これまで明快なフレームワークがなかった採用戦略を体系化し、その設計手順とポイントをまとめた記事です。(『月刊...


●資料ダウンロード
採用計画立案フォーマット例

お役立ちツール

採用計画立案フォーマット例

採用計画にフォーカスした「採用計画立案フォーマット例」です。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
増渕 知行
増渕 知行(マスブチ トモユキ)
ジャンプ株式会社 代表取締役
企業の採用を人事部から全社主導へ切替える「採用戦略」の概念を日本で初めて体系化。
「働きたくなる会社を日本中に」をミッションに、採用力の強化に特化した事業を展開。企業の強みを「独自価値の発見、発揮、強化」の視点から再定義し、「戦略的な採用活動」を行える人事担当者を増やし、より多くの企業の採用力向上に貢献いたします。
得意分野 経営戦略・経営管理、人材採用、リーダーシップ、マネジメント、コーチング・ファシリテーション
対応エリア 関東(東京都)
所在地 新宿区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。



新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...