企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2020-春-[東京]<ライブ配信> 参画企業
事業カテゴリ:
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

「個人×組織」を実現する人事コンサルティング会社アチーブメントHRソリューションズ株式会社

アチーブメントエイチアールソリューションズカブシキガイシャ

https://achievement-hrs.co.jp/

〒108-0073 東京都港区三田2-10-6三田レオマビル3F
対応エリア:全国、代表者名:青木 仁志、従業員数:30名

ハラスメント対策 【講師がお手本を実演!】部下との関わり方を学ぶパワハラ対策研修

読売新聞・NHKで紹介されたパワハラ対策研修
~パワハラリスクの下がる部下との関わり方~

解決できる課題:マネジメント力向上管理職層の能力開発コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

読売新聞・NHKに取り上げられた人気研修
読売新聞・NHK・東京MX・毎日新聞など、多数メディアで取り上げられたパワハラ対策のノウハウとコミュニケーションスキルをご提供します。
講師の実演を見ながらロールプレイで実践!
パワハラリスクを下げる指導を講師が実演。お手本を見て学び、ロールプレイでの実践を重ねることで、パワハラリスクの少ないマネジメントの習得を目指します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 20~60万円
※料金は内容と人数により変動します。具体的な金額についてはお問合せくださいませ。
導入社数 約2000社 ※2019年12月期実績
サービス形態コンサルティングセミナー・研修
対応分野パワハラ対策

サービス詳細

マネジメントを実践的に学ぶパワハラ対策研修!

パワーハラスメントの対策と言えば、「パワハラの定義、6類型、事例の学習」「規定や処罰の明文化」「相談窓口の設置」などが一般的です。

しかし、これらの対策だけでは「部下にどんな指導やコミュニケーションをすればいいのか」が分からず、管理職者のマネジメントは改善されません。それどころか、パワハラを恐れる意識のあまりに上司たちの指導が甘くなり、現場のミスやクレームの増加、社員の成長速度の低下に悩む企業様も増えています。

そこで弊社が提案するのが、パワハラリスクの少ない指導やコミュニケーションを習得するパワハラ対策の実施です。「どんな指導であればパワハラになりにくいのか」「部下とコミュニケーションを取るときに何を意識するべきか」を学習することで指導やコミュニケーションに自信が生まれ、現場での改善行動も生まれやすくなります。

弊社のパワハラ対策研修が解決する課題

□ パワハラを防止したい
□ パワハラ対策をしても現場の指導が変わらない
□ パワハラへの恐れから上司が指導できなくなっている
□ パワハラの予防とマネジメント力の強化を両立させたい

弊社パワハラ対策研修で得られる成果

□ パワハラになりにくい指導ができるようになる
□ 部下の状況に合わせてフィードバックを使い分けられるようになる
□ 部下に合わせたコミュニケーションが取れるようになる
□ パワーハラスメントに対する法的な理解が深まる

カリキュラム

【1日研修の場合のカリキュラム例】
日程・トピックス 内容
09:00~10:30
パワハラの理解を深める
■パワハラの定義

■パワハラになる6つの言動

■事例に学ぶパワハラの特徴

■演習:パワハラを判定しよう

■ワーク:ケーススタディでのパワハラを分析
10:30~12:00
パワハラの防止方法を知る
■一般的なパワハラ防止方法

■パワハラ防止で上司の指導力が下がる理由

■パワハラになりやすい指導となりにくい指導の違い
13:00~15:00
パワハラになりにくい指導とマネジメント方法とは?
■関係を壊す指導と関係を深める指導の違い

■ワーク:未達成が続く部下への指導

■部下理解を深める5つの基本的欲求
15:00~17:00
講師の実演付き!部下指導のロールプレイング
■フィードバックの種類と使い分け

■ロールプレイ:備品を紛失した部下へのフィードバック

■部下の特徴ごとのコミュニケーションスキル

■ロールプレイ:モチベーションの低い部下とのコミュニケーション
備考
※カリキュラムの内容は、企業様のご要望に合わせて調整可能です。
※研修のEラーニング化も一部承っております。各店舗、各工場でのパワハラ対策をご検討の方はお問合せください。

サービス資料を無料ダウンロード