企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
ITコンサルティング・サポート
人材アセスメント・サーベイ
採用コンサルティング・採用アウトソーシング

科学的な人財育成、診断、組織分析で企業の成長をトータルに支援株式会社ネクストエデュケーションシンク

カブシキガイシャネクストエデュケーションシンク

https://www.nextet.net

〒113-0033 東京都文京区本郷5-1-16VORT本郷3F
対応エリア:全国、海外、代表者名:斉藤 実、従業員数:30名、資本金:3,000万円

適性検査・スキル測定 社会人基礎力診断 business

経済産業省が提唱する、社会で活躍する若手人財に必要な12のヒューマンスキル・コンピテンシーを30分で診断

解決できる課題:戦略的な人材配置・人事異動研修計画・設計・手法[研修の効果測定]新人・若手社員の戦力化
チームビルディング

このサービスのポイント

若⼿の社会⼈基礎⼒を短時間で客観的に診断
内定者・新⼊社員、20代〜30代前半までの若⼿人財の「社会⼈基礎⼒」を、30分という短時間で客観的・総合的に診断します。
「経済産業省」提唱の若手人財に必須の能力
社会人基礎力とは「組織や地域社会の中で多様な⼈々とともに仕事を⾏っていく上で必要な基礎的な能⼒」。本診断は若手がビジネスで活躍するために必要な能力を測定します。
前後で実施することで研修効果測定も可能に
診断結果を活用し、個人単位や、組織単位で効果的な研修を⾏うことができます。また、研修前後で実施することで、研修効果測定を数値で確認することができます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 ・初期導入費用 なし
・ラインセンス費用 3,800円/1ライセンス(税別)※お1人様1回
・企業管理画面 50,000円/月から (税別)
導入社数 導入社数非公開
検査手段WEBテスト
用途新卒採用中途採用評価・配置転換社員能力把握・能力向上その他[人財育成、研修効果測定]
検査時間30分前後
導入までの日数お申込み後、3営業日でご利用いただけます。
結果までの時間企業管理画面から、診断後リアルタイムに表示可能です。
測定領域能力その他[社会人基礎力(コンピテンシー)]

サービス詳細

個々人にフィットした人財育成を実現、組織単位での研修効果測定も可能とします

【サービスの特長】
■内定者・新⼊社員、20代〜30代前半までの若⼿⼈材の社会⼈基礎⼒を短い時間(約30分)で客観的、総合的に診断します。全国平均との⽐較も可能です。

■受診者は結果が画⾯上で瞬時に確認でき、強い分野や、弱い分野がどこであるのかを把握することができます。

■社会⼈として必要とされる基礎⼒(社会⼈基礎⼒)を可視化。自身の現状を把握することができますので、診断後の研修を必要なものだけ効果的に⾏うことができます。

■オプションの組織分析を実施することにより、組織の人財傾向が把握できますので、それに応じた研修企画をすることや、その効果測定も可能となります。

■診断結果から⼈材の傾向が表⽰されます。また今後成⻑のためのアドバイスコメントを表⽰します。

【社会人基礎力】とは
「社会人基礎力」とは、「(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となってきています。
(経済産業省 産業人材 社会人基礎力 ページより)


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 企業・大学等(累計実績10万ライセンス以上)

よく寄せられる質問

導入を検討するにあたり、実際の診断を試すことはできますか?
はい。
事前に実際の診断をお試しいただいたうえでのご導入をおすすめしております。
お気軽にお問合せください。