無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日本中の「働く」を「働楽」に変えていくリ・カレント株式会社

リカレントカブシキガイシャ

  • サービス・製品資料
  • 組織診断・活性化
  • 従業員満足度調査

【講演資料】「ハウス食品研究所が挑む、仕掛けで導く職場変革〜”対話“で生まれるエンゲージメント〜」 pdf 4.37 MB / 53 ページ 】

組織活性化の鍵となるエンゲージメントを「従業員と会社の相互共感」という切り口から可視化し、組織・従業員を活性化するために人事が押さえておくべき2つの軸を、ハウス食品様の事例を交えてご紹介します。

pdf

ダウンロード資料詳細

研修や福利厚生、社内制度、待遇など、従業員が気持ちよく働くための環境を整えているにも関わらず、従業員は組織への愛着が少なかったり、「言われたことだけやっていればいい」と受動的な態度が見られる。そんなふうに、経営・人事と現場の間で意識の乖離を感じていないでしょうか。

人生100年時代の考え方の浸透、働き方改革、コロナウイルスによる環境変化と、様々な要因によって、組織と個人の関係性が変化し、今は「個人が組織に雇われる」より、「個人が所属する組織を選ぶ」意識が強いと言えます。コロナ以降在宅勤務を取り入れる企業が増え、物理的に離れた環境にいることで、組織としての帰属意識を持ちにくくなっていることも、一つの要因でしょう。そんな中で従業員が組織にどれだけ愛着を持ち、仕事に取り組めているか、いかに従業員が成長し組織の中で力を発揮できるような働きかけをするべきか、喫緊の課題となっています。

従業員が組織に貢献意識を持ってパフォーマンスを発揮し、組織としても成長する会社になるためには、従業員の組織に対する「エンゲージメント」がキーとなります。
本資料ではリ・カレントが考える「エンゲージメント」について、また組織と従業員のエンゲージメントの現状を調査するエンゲージメントサーベイについてご紹介します。

このダウンロード資料に関係するサービス

この会社のダウンロード資料