企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンセイヒャクネンジダイ 人生100年時代

「人生100年時代」とは、英国ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏が長寿時代の生き方を説いた著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』で提言した言葉です。グラットン氏は、寿命が延びて100歳を超えるようになれば、これまでの80歳程度のライフコースを見直す必要があると語っています。「人づくり革命」を掲げる日本政府は、2017年9月に「人生100年時代構想会議」を開催。有識者議員としてグラットン氏を招き、意見を聞きました。
(2017/11/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生100年時代のケーススタディ

80歳寿命が前提の人生ステージを見直し
生涯学習の中で仕事を選んでいく時代へ

グラットン氏は『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の中で、「過去200年間、人の平均寿命は伸び続けており、そこから導かれる予測によれば2107年には主な先進国では半数以上が100歳よりも長生きする」と語っています。そして、人が100年も健康に生きる社会が到来するとき、これまでの80歳程度という平均寿命を前提に考えられてきた三つの人生ステージ、『教育を受ける』『仕事をする』『引退して余生を過ごす』というライフコースは大きく見直さなければならないとしています。

ではこれからの「人生100年時代」において、重要性が増すものは何でしょうか。グラットン氏は次の三点をあげています。一つ目は「教育」。専門技能を高め、世界中の競合との差別化を実現するものです。二つ目は「多様な働き方」。70歳を超えて働くことを想定し、一人ひとりが独立した立場で職業について考える必要があります。三つ目は「無形資産」。お金だけでなく、経験や人的なネットワークが重要な資産となります。将来、年を取っても年金を満足に受けられる保証がない中にあって、個々人が高齢になるまで仕事を持ち続けることは必然となるでしょう。

日本政府も「人生100年時代」を踏まえて、「リカレント教育(生涯学習)の充実」「(特に大企業から中小企業などへの)転職・再就職の円滑化」「それらのベースとなる必要とされる人材像の明確化や確保・活用」「産業界として果たすべき役割」を一つのパッケージとして検討することの必要性をあげています。

長寿化が進むこれからは、個々が仕事人生においてさまざまな選択肢を持ちつつ、自分で仕事をデザインしていかなければなりません。そのためには年齢に関係なく、新しい知識やスキルを学び直せることが必要であり、一人にいくつもの仕事の選択肢が存在する社会としていくことが求められるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...
ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
キャリア・アンカー
「キャリア・アンカー」とは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士によって提唱されたキャリア理論の概念。個人がキャリアを選択する際に、自分にとって最も大切で、これだけはどうしても犠牲にできないという価値観や欲求、動機、能力などを指します。船の“錨”(アンカー:Anchor)のように、職業人...

関連する記事

人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
今野浩一郎さん いま、企業に求められる高齢者活用と、 仕事をベースとした「新型人事管理」へのパラダイムシフト
「70歳まで働ける企業」基盤作り推進委員会(高齢・障害者雇用支援機構)の座長を務められるなど、高齢者問題に詳しい学習院大学教授の今野浩一郎さんに高齢者雇用・活用の具体的なポイント、新型人事管理を構築するために必要な要件などについて、お話しを伺いました。
2010/05/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 紀尾井カンファレンス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...