企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガクチカ ガクチカ

「ガクチカ」とは、就職活動中の学生がよく使う言葉――いわゆる「就活用語」の一つで、「学生時代に力を入れたこと」を略した造語です。エントリーシートや面接などにおいて、「学生時代に力を入れたことは何ですか?」と聞かれることが多く、採用側の質問が半ば定番化していることから、就活生が略して「ガクチカ」と呼ぶようになりました。うまくアピールできれば内定獲得に近づくとされるため、事前に「ガクチカ」を準備して対策を講じておくことは、就活生にとって必須となっています。
(2017/2/27掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガクチカのケーススタディ

面接やエントリーシートで必ず出る定番の質問
対策のために被災地ボランティアに行く学生も

「ガクチカ」は、「ゴウセツ」(合同説明会の略)や「オヤカク」(企業が就活生の親に内定承諾の確認を取ることの略)と並んで数年前から定着している、就活用語の一つです。「学生時代に力を入れたこと」は、エントリーシートや実際の面接で、どの企業でも必ずたずねると言っていいほどの質問の一つでしょう。企業側には、どのようなことに打ち込み、どういう学生生活を送ってきたのかを知ることで、学生の価値観や能力を測る、という意図があります。したがって、より突っ込んで聞きたいのは、彼らが「ガクチカ」を通じて何を学び、どう成長したか。けっして「ガクチカ」そのものの苦労話や思い出話ではないはずです。

ところが、「いい『ガクチカ』がなくて、困っている」というような言い方をすることからもわかるように、就活生側は「ガクチカ」を“ネタ勝負”ととらえているフシがあります。みんな同じ学生ですから、人生経験や生活スタイルにそれほど大きな個人差があるわけでもなく、“ネタ勝負”といっても限界があります。学生の間では「被災地でボランティア活動に汗を流した」といった経験が“理想のガクチカ”とされているようですが、「ガクチカ」をつくるために被災地へ行く学生も現れるなど、本末転倒といわざるをえません。また、企業がコミュニケーション能力を重視しているという情報が広がると、どの学生もサークル活動やアルバイトに力を入れてコミュニケーション力を磨いた話ばかりになってしまうなど、「ガクチカ」の画一化も問題視されています。

そもそも「ガクチカ」のような言い方が出てくること自体、学生が就職活動をそれだけパターン化、マニュアル化してとらえているからでしょう。もっとも、学生側が対策を講じているのを知りながら、“お約束すぎる”質問を投げかける採用側の姿勢にも、再考の余地はあります。近年、大学での学業成績を重視する企業が増えてきているのも、その一つといえるかもしれません。学業もまた立派な「ガクチカ」であり、優秀な成績はその証しなのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
OB・OG訪問
「OB・OG訪問」は、大学生が就職活動のときに、大学の卒業生であるOB・OGを訪問し、実際に働いてみた感想や、後輩へのアドバイスといった情報を収集することを言います。自分の行きたい企業や興味のある業界で働く先輩に直接話を聞くことで、書籍やインターネットでは得られない生の情報を得ることができます。古く...
就活エリート
「就活エリート」とは、就職活動において、学生からの人気が高い有名企業や大手企業から、いち早く複数の内定をもらう学生、いわば“就活の勝ち組”を表す造語です。エントリーシートから入念に作り込み、面接での受け答えもぬかりない――彼らは、まるで難関校の受験勉強にいそしむように万全の就活対策を講じるため、採用...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した201...
2013/03/15掲載イベントレポート
“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち ~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人気を集めています。さらに「就活会議」では、この5月にインターンシップの優良企業を表彰する、「学生が本...
2018/06/04掲載注目の記事

関連するQ&A

技術系学生の面接について
当社では、技術系の学生が採用の80%になります。その選考過程において1、二次面接があります。その面接についてアドバイス頂きたく投稿させていただきました。 皆さんは技術系の面接に技術系社員を同席させていますか?同席させている場合はその目的と面接官に何を期待していますか?  また同席させない場合はなぜさ...
座談会の開催について
初めて投稿させていただきます。 当社は新卒採用を開始して6年目を迎え、 私が採用担当に赴任してから3年ほど経ちます。 上層部から「学生の質が弱い」という指摘を受け、 早期にターゲット層の学生の囲い込みを実施すべく、 座談会を開催し、学生との接触回数を増やす提案をしました。 しかし、上層部からは...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。



次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...