企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】プレミアムフライデー プレミアムフライデー

「プレミアムフライデー」とは、政府と経済界が連携して取り組む消費喚起策のことで、月末の金曜日の退社・退庁時刻を早め、働く人々が夕方から買い物や飲食、趣味、旅行などを楽しめるように促す全国的なキャンペーンをいいます。働き方の見直しとともに、伸び悩む個人消費の拡大につなげるのが本構想の狙いです。2017年2月24日から、ビジネスパーソンの多い東京・丸の内や日本橋界隈で実験的に展開。効果を検証した上で、4月以降は毎月実施し、各地に拡大していく方向で検討されています。
(2016/11/30掲載)

プレミアムフライデーのケーススタディ

“ハナキン”復活!? 月末金曜は午後3時に退社
働き方改革と個人消費拡大の一石二鳥を目指す

バブル全盛期の頃、「ハナキン」という言葉がよく使われました。翌日の仕事を気にせず心置きなく遊べる“花の金曜日”という意味です。当時は景気がよく、完全週休2日制の導入も進み始めていたことから、多くのビジネスパーソンが「花金」を謳歌したものですが、その復活を狙い、普段よりワンランク上の消費行動を起こしてもらうきっかけとして打ち出されたのが「プレミアムフライデー」と呼ばれる消費拡大策です。

月末金曜の午後は仕事を早く終えて、余暇を楽しもう――。政府と経団連は、17年2月24日から始め、4月以降毎月実施する方向で、「プレミアムフライデー」構想の検討に入りました。背景には、政府の掲げる「平成32年をめどに、名目国内総生産600兆円を実現」という目標があります。これを実現するには、GDPの6割を占める個人消費を、現在の300兆円から360兆円程度まで引き上げなければなりません。月末の金曜限定で午後3時を目安に仕事を終えるよう企業に促すとともに、増えた夕方からのオフタイムを買い物や食事、旅行に充ててもらうための一大キャンペーンを展開し、官民一体となって労働時間の短縮化を個人消費拡大へと結びつけるのが本構想の主眼です。

具体的には、経団連の「生活サービス委員会」の中にプロジェクトチームを設置。日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本旅行業協会、ジャパン・ショッピングツーリズム協会など、小売や旅行、観光に関連する業界団体が参加し、単なる従来品の安売りセールによる消費喚起ではなく、プレミアムフライデーの名にふさわしい高額な限定商品・サービスを開発、提供する方向で議論が重ねられています。同時に、働き方改革の一環として、有給休暇の取得促進にも取り組む予定。プレミアムフライデーの金曜午後に加えて、翌週月曜にも有休を取るようにすれば、連続3.5日の連休が可能になり、旅行などにも充てやすいという考えからです。

とはいえ、プレミアムフライデーに退社時刻を早めた結果、業務のしわ寄せが他の曜日におよび、残業や休日出勤が増えてしまっては元も子もありません。日本で初めて企業に週休2日制を導入した松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏は、6日でやっていたことを5日で済ますために、「10分かかっていた電話は3分にしなさい」と効率化を求めました。プレミアムフライデーの導入も、各職場においては、さらなる業務効率向上のきっかけとしたいものです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

サマータイム
日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
テレワークに必要な労働時間把握と、コミュニケーション支援ツール導入のプロセスを大解剖! ~NECソリューションイノベータが取り組む 働き方改革 3本の矢~
2018年7月に公布された「働き方改革関連法」が、2019年4月から大企業を皮切りに順次施行されます。その改革の中で「労働基準法」が改正、多くの企業で「時間外労働の上限規制の導入」への対応が急務の課題となっています。特に今回の改正では、時間外労働の上限が原則と...
2019/03/20掲載注目の記事
「働き方改革」実現を目指した “知の交流” 「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会
今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多くの企業が長時間労働の解消・是正、労働生産性の向上に取り組んでいるが、長年にわたり長時間労働を続けてきた日本企業にとって、そう簡単に解決できる課題ではないようだ。企業には、中長期的な視点で取...
2018/03/01掲載注目の記事

関連するQ&A

プレミアムフライデーを年休使用とする方法
お世話になります。 プレミアムフライデーを年休使用とする方法と考え方について、ご教示願います。 毎月最後の金曜日の退社時間を15:00とし 15:00~18:00の3時間を年次有休とする場合、 仮にこの3時間を時間休とすると 3時間×12ヶ月 = 36時間が消化されます。 時間休は、年間5日上限...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...