企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウショクウェブテスト 就職ウェブテスト

「就職ウェブテスト」とは、就職活動において応募者がパソコンを使い、WEB上で適性検査を受検するシステムを指します。従来の適性検査が主に筆記形式で、応募先企業の用意した会場で受験するのに対し、ウェブテストはインターネットに接続された自宅や大学などのパソコンから、または「テストセンター」と呼ばれる専用会場のパソコンから受検するのが一般的です。試験内容はマークシートや記述式のペーパーテストと同様で、言語、計数、性格、英語などの問題が出題されます。複数のベンダーがウェブテストを開発・提供していて、すでに6割以上の企業が選考ツールとして採用しているといわれます。
(2014/3/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職ウェブテストのケーススタディ

IT活用による絞り込みで採用を効率化
なりすまし、カンニング……不正の恐れも

ここ数年、従来の筆記形式の採用適性検査に替えて、「就職ウェブテスト」を導入する企業が増えてきました。代表的なウェブテストには、リクルートマネジメントソリューションズ社製の「テストセンター」「WEBテスティングサービス」や日本エス・エイチ・エル社製の「玉手箱シリーズ」「Web-CAB」、ヒューマネージ社製の「TG-WEB」、イー・キュー・ジャパン社製の「リクルーティングウイザード」などがあります。

すでに就職活動中の学生のほぼ100%が受験しているといわれ、その普及に伴い、選考のプロセスや学生側の対応にも変化が現れてきています。

本来、企業にとって採用活動は、予算、時間、人手などの面で多くの負担を要するものです。何百何千単位の応募者に対応するだけでも大変ですし、例えば社外に選考会場を設けて、紙ベースの筆記試験を実施するとなると、施設の利用料や設営の手間、試験官や案内係の手配といったさまざまなものに多大なコストが発生します。こうした手間や費用を限りなくゼロに近づけ、企業に採用活動の効率化をもたらしたのが、インターネットを活用したウェブテストです。

簡便なエントリーシートが普及したことで、就職活動中の学生の中には、志望度が低くても「とりあえずエントリーだけでもしておこう」と100社も、200社もエントリーする学生が数多く現れるようになりましたが、実際にはエントリーしても選考試験を受けなかったり、選考を受けても志望動機が希薄だったりして、企業とのミスマッチ、すなわち採用活動のコストロスが頻発していました。自社に対する適性も志望度が高い学生だけを絞り込んで、その後の選考プロセスに残したい――ウェブテスト導入の背景にはこうした採用側の強い意識も働いているようです。実際、応募者は一定の成績を残さないと、次の選考には進めませんし、通過するのは受検者全体の2割という難関の企業も。以前は会社説明会に参加した後、そのまま適性検査や筆記試験に臨むという流れが一般的でしたが、企業がウェブテストを実施している場合、テスト結果が悪い学生は説明会にさえ参加できません。

IT化による利便性は、確かに企業、学生双方にとって大きなメリットです。しかし私用のパソコンからでも受験できる手軽さは、本人確認の難しさと表裏一体。そのため、いわゆる“なりすまし受検”のほか、辞書や模範解答集を見てカンニングしたり、友人と答えを相談したりしながら回答するなどの不正が横行している可能性も指摘されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
倫理憲章
正式には「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」と言います。「就職協定」に代わるものとして日本経団連が中心になって定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインです。
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書
選考開始のヤマはやはり4月?! ~2016年度新卒採用の選考開始は「2015年4月」が19.9%、僅差で指針通りの「8月」が19.4%
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。2016年度新卒採用の「選考」開始時期で最も多かったのは新年度となる「2015年4月」(19.9%)で、指針が求めた「2015年8月」(19.4%)が僅差で続きます。ただ、「201...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
最終面接の面接官について
現在グループ採用を行っております。 説明会、1次選考を採用事務局で行って、2次面接と最終面接は選考企業でおこなっています。 しかし、選考企業の役員のスケジュールが合わず、最終選考を事務局のある企業の役員が実施することになりました。 この場合、法的に問題は無いのでしょうか?
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...