企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スナックラーニング スナックラーニング

「スナックラーニング」とは、スマートフォンやタブレットなどの高機能携帯端末を活用して、通勤途中や家事の合間といったわずかな“すき間時間”にeラーニングを行うことをいいます。空いた時間にスナック菓子を食べるような手軽さで資格取得や語学の勉強ができるという意味から欧米で生まれた言葉ですが、最近は日本でもビジネスパーソンを中心に普及・定着しつつあります。
(2013/10/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スナックラーニングのケーススタディ

携帯端末向けeラーニングで手軽に学ぶ
短時間集中だから無理なく続いて習慣化

ビジネススキル向上や資格取得のために、ちょっとした空き時間を見つけては、スマホやタブレットで手軽なeラーニングに取り組むビジネスパーソンが増えています。「スナックラーニング」と呼ばれる欧米発の学習・自己研さんの手法で、日本でもモバイルデバイスの爆発的な普及と通信の高速化が追い風となり、動画を活用した多彩な講座などプログラムも充実してきたことから、近年、利用者が急速に広がりました。

矢野経済研究所の調査(「eラーニング市場に関する調査結果2013」)によると、モバイルデバイスを活用するeラーニングの市場規模は、2012年度に約49億円と前年度から倍増。13年度には77億円が見込まれており、拡大傾向にあります。

企業向けにeラーニングの講座を提供する富士通ラーニングメディア(東京・港区)によると、社会人がeラーニングにあてる時間は「1回30分未満」が主流で、同社が提供する講座では、業務の空き時間に環境マネジメントシステム(ISO14001)などを学ぶ利用者が目立ってきたといいます。他社のサービスでも、人気の講座は5~10分のごく短いものがほとんど。多忙だからこそ、わずか数分でも寸暇を惜しんで学びたい――そうしたビジネスパーソンの“短時間志向”がスナックラーニング普及の背景にあるのは疑いありません。

しかも短時間で学べるというだけでなく、それにあわせた適正な学習内容のボリュームや価格設定、実際の学び方のシンプルさもポイントに。NTTドコモが手掛けるスマホやタブレット対応の学習サービス「ドコモゼミ」では子ども向けの英語のほか、ファイナンシャルプランナー(FP)3級や簿記3級などの学習アプリが売れ筋です。初心者向けの基本編なら、料金は200~300円。質問に答えるだけのゲーム形式で手軽に基礎から学ぶことができるため、無理なく続けられ、平日の通勤時などに利用するサラリーマンも多いといいます。

米国などでは、スナックラーニングは「Bite size Learning」(簡単にわかる学習)とも呼ばれますが、この表現は単に時間が短いというだけでなく、一つの問題やテーマに集中してボリュームを絞りこんだ、シンプルな学習を意味しています。bite size(ひとくちサイズ)という言葉には「たやすく解ける、簡単に把握できる」というニュアンスも含まれているのです。語学であれ、資格の勉強であれ、学習の効果を高めるには、何よりもそれを“習慣化”することが大切でしょう。「短時間集中」で毎日無理なく続けられるスナックラーニングに、注目が集まるゆえんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

eラーニング
社員の早期戦力化やスキルアップに欠かせないのが社員研修です。しかし、研修を実施するためのコストや労力にくわえ、学ぶ側の時間調整や効率といった問題から、従来の社員研修にはさまざまな課題も存在します。そうしたなか注目を集めているのが、時間と場所を選ばず学べるeラーニングです。ここでは、eラーニングを導入...
LMS
「LMS」とは、Learning Management Systemの略。eラーニングを行うための学習管理システムのことで、「eラーニングシステム」や「eラーニングプラットフォーム」と呼ばれることもあります。研修などにeラーニングを取り入れる際、企業では受講者が利用する学習教材や学習進捗の管理、受講...
モバイルラーニング
「モバイルラーニング」はeラーニングの一種で、携帯電話などのモバイル機器を活用し、いつでもどこでも知識習得が可能な学習システムのことです。従来のeラーニングと区別して、「mラーニング」とも呼ばれます。近年はスマートフォンやタブレット端末など、高性能・多機能化した携帯端末が飛躍的に普及していることから...

関連する記事

コンプライアンス、CSR関連eラーニングサービスの現状と傾向
『日本の人事部』編集部が取材した、人事サービス、人材ビジネスの最新製品、サービス情報。サービス選びから、導入時の注意、活用の仕方までご紹介する。
2007/03/19掲載人事支援サービスの傾向と選び方
会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...