企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンカツシエンサービス 人活支援サービス

「人活支援サービス」とは、豊かなスキルと経験を有するミドル人材を成熟産業から成長産業へ円滑に移動させる“橋渡し役”となる人材サービスのことです。経済産業省は人活支援サービスを提供する新たな産業の振興を目指して、今年度から「多様な『人活』支援サービス創出事業」をスタート。同省から委託を受けた人材サービス各社がミドル層を成長分野で戦力化するしくみを動かし、その有効性を実証する試みが始まっています。
(2013/9/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人活支援サービスのケーススタディ

ミドルを再教育し成長分野で戦力化
新しい人材の橋渡しビジネスに期待

社会・経済環境の変化を背景に、国内産業の大胆な構造転換が急がれていますが、経済成長や雇用の確保を図りながらこれを実現するためには、豊かな経験知をもつミドル層が成熟分野から成長分野へ“即戦力”として円滑に移動し、活躍するしくみづくりが不可欠です。2013年6月に発表されたアベノミクスの“第三の矢”を担う「日本再興戦略」においても、「行き過ぎた雇用維持型から労働移動支援型への政策転換」の方針が明確に掲げられました。

しかしながらミドル層(35~44歳)の転職率は他の年代に比べて低く、4%程度で推移しているにすぎません。まして有望分野や成長分野への移動となると、成功の前例が乏しく、新規産業の人材ニーズが的確につかめていないなど障壁が多いことから、既存の人材ビジネスではこうした新たな人材の橋渡し役を果たせていないのが現状です。そこで経済産業省は、すでに就業経験を積んだミドル人材を再教育し、健康や教育、環境・エネルギーなどの成長分野で活躍できるようにする「人活支援サービス」の創出・振興事業を立ち上げました。新たな労働移動の流れを促すモデルをつくり、その有効性を実証・普及することで、人を活かす「人活」産業の創出・振興を図るのがねらいです。

サービスの担い手は委託先の民間企業8社。その一つのインテリジェンスでは、電機や化学などの成熟産業で経験を積んだミドル人材が現職に在籍したまま、「出向」の形態で成長分野に挑戦するプロジェクトの実現に向けて、7月から出向元となる協力企業の募集を始めています。協力企業から送り出された参加者は再教育のための「学び直しカリキュラム」を受講し、業種や職種の垣根を越えて通用する「ポータブルスキル」を高めます。その上で成長分野での活躍に必要な専門知識を習得し、出向先の現場での就業体験に臨みます。研修終了後は、カウンセリングを受けて進路を決定。出向先での継続就業や転籍のほか、出向元への帰任という選択肢もあります。

人材派遣大手のパソナとグループ会社のパソナテックも委託先の一つ。主に製造業やIT企業に在籍するシニア・ミドル人材の豊富な知識やスキル、海外事業に携わった経験などを転用し、成長分野を担う中小・ベンチャー企業の新たなサービス創造や海外事業の拡大を支援するプロジェクトに取り組んでいます。

新しい市場を切り拓いていくためには若年者の育成・入職支援も重要であることは言うまでもありませんが、一方で少子高齢化によって日本の労働者の年齢構成比率が変動し、00年に22%超だった25~34歳人口は20年には16.8%にまで低下するという現実があります。即戦力となるミドル層の労働移動は、喫緊の課題といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

産業保健活動総合支援事業
「産業保健活動総合支援事業」とは、企業の産業保健活動に対する効果的な支援を促進するために、厚生労働省が2014年4月から運営を開始した新事業です。「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(201三年12月24日閣議決定)をうけて、同省は、産業保健を支援する既存の三つの事業――地域産業保健事業、産業...
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
グローカル人材
「グローカル」は、グローバルとローカルを組み合わせた造語で、「グローカル人材」とは、国際社会で通用する能力やグローバルな視点、経験をもって、地域社会・地域経済(ローカル)の活性化および持続的発展に貢献する人材のことです。地元の企業に就職してグローバル化を担うリーダーとして活躍したり、地域の魅力を世界...

関連する記事

研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
2012年10月、「一般社団法人 人材サービス産業協議会」が設立 ―業界4団体が連携して取り組むプロジェクトとは―
2011年6月に全国求人情報協会、日本人材紹介事業協会、日本人材派遣協会、日本生産技能労務協会によって設置された「人材サービス産業の近未来を考える会」が、2012年7月、本格的に始動。2012年10月1日には「一般社団法人 人材サービス産業協議会」として発足す...
2012/08/23掲載編集部注目レポート
人事マネジメント「解体新書」第89回 長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育成や、キャ...
2015/12/07掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向者をその出向元から請け負った業務に就かせる
お世話になっております。 質問させて頂きます。 以下のような形態の出向者を出向元から委託された業務に就かせる事に違法性等ありますでしょうか。 または留意すべき事項はありますでしょうか。 在籍型出向で人件費は出向元で支払うが、その負担は出向先(弊社) 以上です。宜しくお願い致します。
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...