企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】テンシンシエンセイド 転進支援制度

従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
(2004/12/13掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転進支援制度のケーススタディ

大企業の約6割が早期退職優遇制度、
約3割が転職支援あっせん制度を実施

この制度は退職者を支援するための「福利厚生施策」である半面、中高年従業員の増加に伴う人件費負担を、転進支援によって軽減しようとする「リストラ施策」としての側面もあわせ持っています。バブル崩壊後、比較的社歴の長い大手企業を中心に急速に普及してきましたが、それは裏を返せば、高賃金の中高年従業員を支えきれなくなった企業の経営実態が浮き彫りになっているとも言えるでしょう。

転進支援の代表例として最も知られているのが「早期退職優遇制度」です。定年前に自発的に退職する従業員に対して、通常の自己都合退職よりも優遇した条件を与える制度で、退職金を割増したり、準備休暇を付与したりするのが一般的です。転職先をあっせんしたり、転職準備のための教育などを実施したりする「転職援助あっせん制度」も普及してきました。転職支援を行う専門部署を設けて新たな転職先を開拓したり、外部業者に委託して転職を支援したりしているところもあります。

独立のために退社し、新たな事業を立ち上げる従業員に、資金援助や事業協力、業務提携などを行う「独立開業支援制度」を実施している企業も増えてきました。フランチャイズ契約を締結するなどして独立を支援するケースが多いようです。最近では転進支援の適用年齢を40歳未満にまで拡大していく傾向が見られますが、これは終身雇用制の崩壊による雇用の流動化に対応したものとも言えるでしょう。

厚生労働省の「雇用管理調査」(2003年)によると、いずれの制度とも大企業ほど実施割合が高く、5000人以上規模の企業では57.3%が早期退職優遇制度を、26.3%が転職支援あっせん制度を、18%が独立開業支援制度を実施しています。ただ前述したように転進支援制度はリストラ施策と認識されやすいため、拙速な導入は労働組合などの反発を招くこともあります。制度設計や導入にあたっては、目的や従業員のニーズを十分に考慮したうえで取り組むことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

早期退職制度
希望退職制度の一手法で、退職金などを優遇する代わりに、定年前に退職を促す制度のことをいいます。近年、導入企業が増え、対象となる年齢も低くなってきています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
ジョブコーチ
「ジョブコーチ」とは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されま...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

独立開業支援
独立開業支援の制度を作りたいと考えておりますが、お薦めのセミナー等はありませんでしょうか。社内規程づくり、運営管理等を学ぶことができれば幸いです。
退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...