【ヨミ】チテキザイサンケン 知的財産権

知的創造活動を行った人を保護するために認められた権利のことで、「知的所有権」とも呼ばれます。特許権、実用新案権、意匠権のほか、商品名やブランドなどの独立性を守る商標権、小説や音楽などの作品に対する著作権なども含まれます。
(2004/12/16掲載)

知的財産権のケーススタディ

医薬、化学、電機などを中心に
発明の報奨制度を拡充する動き

知的財産権の中で最も関心を集めているのは、社員の発明で特許を取得して得た利益を、会社がどう配分すべきか、という問題です。従来、日本の企業風土の中では「社員の発明は会社の財産」といった意識が根強く、社員の画期的な発明による会社への貢献は、過小評価される傾向がありました。しかし近年の知的財産権の価値に対する意識の高まりを背景に、「正当な対価」を求める訴訟が相次いでいます。中でも元社員の青色発光ダイオードという発明に対して、会社側に200億円にのぼる破格な報酬を支払うよう命じた今年1月の東京地裁の判決は、日本の産業界に大きな衝撃を与えました。

これまで発明の対価は会社が一方的に規則で定めるケースがほとんどでした。しかし来年1月から施行される改正特許法は、会社と社員の間で定めた規則を重視する条文を盛り込み、会社側に正当な対価の支払いを促す内容となっています。

これを受けて報奨制度を見直す企業も相次いでいます。医薬品最大手の武田薬品工業は、社員の発明に対する報酬の支給適用を、現在から10年遡及させた時点(1994年)に販売されていた商品にまで拡大するとともに、1商品につき年間3000万円だった報酬の上限もなくしました。2003年度は実績補償制度に基づき、のべ72名に合計9,385万円の実績補償金が支給されています。

また石油元売大手の新日本石油は、従来の制度になかった登録報奨と実績報奨の仕組みを採用、とくに有用な特許などについては、実績に応じて年間1億円を最高額とする実績報奨を毎年支払うという大幅な制度の改正に踏み切りました。このように医薬品、化学、電機メーカーなどを中心に、報奨制度を拡充して業績向上に寄与した発明に手厚く報いる姿勢を明確にする企業が増えています。

一方、OA機器大手のキヤノンは、役員、本部長、事業部長、開発センター所長など、技術に詳しい約60名のメンバーからなる「特許審査委員会」を設置、できる限り透明で公平な審査を行って報奨金額を決めるシステムを採り入れています。しかし報奨の金額をあまり大きくすると、共同して行うグループ活動に障害になるケースもあり得るとして、報奨金は必ずしも大きな金額にしていないとのことです。

ともあれ今後、知的財産権はますます重視されていくのは確実な情勢です。企業は、トラブルを防止し、訴訟リスクを回避するためにも、発明の対価などについての従来の社内規程や事務手順などを見直し、他社の動向や司法判断を鑑みつつ、慎重に対処することが望まれます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード