無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】スーパークールビズ スーパークールビズ

「スーパークールビズ」とは、東日本大震災の影響によって今夏は電力不足が予測されることから、“室温28度設定”“ノーネクタイ・ノージャケット”など、従来のクールビズをさらに徹底する取り組みのことです。より一層の軽装化や暑さをしのぐ日常の工夫など、節電に貢献しながら、夏場のオフィスでも涼しく効率的に働くためのビジネススタイルを意味します。
(2011/6/13掲載)

スーパークールビズのケーススタディ

ポロシャツにTシャツ、ジーンズもOK!?
環境省のPRにも世間の反応は今ひとつ…

東京電力福島第一原発事故の影響で、今夏は過去最大の電力不足が懸念されることから、環境省は今年5月に「スーパークールビズ」を提唱しました。6月からは省内で率先的に実行し、他省庁や民間への普及・啓発を進めています。

具体的な取り組みとしては、オフィスの室温を28度に設定しても快適に働けるような一歩踏み込んだ軽装――たとえば現行のクールビズでは、半袖ワイシャツにノーネクタイなど、フォーマルな服装を多少ドレスダウンする程度のスタイルが基本ですが、スーパークールビズでは、ポロシャツやアロハシャツといったカジュアルウエアも職場での服装として許容し、冷房に依存しない環境づくりを促しています。同省が職員向けに定めた服装規定では、かりゆしシャツやチノパンのほか、昨年までは認められていなかったTシャツやジーンズ、スニーカーやサンダルでの勤務も可とされました。スーパークールビズではファッションだけでなく、勤務時間の朝型へのシフトなどワークスタイルの変更も推奨されています。

もっとも、環境省の懸命なPRにもかかわらず、民間の反応は今ひとつのようです。社会全体の省エネ意識は高く、今夏は大手企業の大半が従業員にノーネクタイ・ノージャケットを推奨しているものの、Tシャツやポロシャツのような思い切った軽装までは許容していません。自社で販売するスーパークールビズ向けの衣料品を社員が社内で着用することを奨励するイオンや、白いポロシャツに限って着用を認めた飲料メーカーの伊藤園、直営店で一斉にスーパークールビズを導入する賃貸住宅仲介大手のアパマンショップなどの例も出てきていますが、現時点でそこまで踏み込んでいるのは少数派。「お客様の前で極端にくだけた格好はできない」というのが、多くの企業に共通する姿勢のようです。

なお、環境省が例示するクールビズやスーパークールビズの服装は主に男性による着用を想定しています。というのも、女性向けのガイドラインは男性向けより線引きが難しいため、作成されていないのです。実際の職場でも夏場、女性社員にノースリーブでの勤務を許容するかどうかなど、個人のプライバシーやセクシャルハラスメントの問題なども絡んで、判断に迷う場面は少なくありません。女性社員や管理職からヒアリングを行い服装規定について見直すなど、全員が納得した上で快適に働ける職場環境の整備に努めるべきでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード