無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ダイガクセッチキジュンノカイセイ 大学設置基準の改正

「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「社会的・職業的自立に関する指導等」(キャリア教育)を大学教育の一環として実施するよう義務付けました。
(2011/2/28掲載)

大学設置基準の改正のケーススタディ

「大学全入時代」到来で学生の進路意識が希薄化
実社会への円滑な移行が大学の役割に

電通総研が10年12月に発表した高校生へのアンケート調査の結果によると、現役の高校生が最も不安に思っていることは「将来の就職」が80%とトップで、「大学受験」の69%を大きく上回っていることが明らかになりました。彼らの未来に影を落としている“超氷河期”の現状は、昨今の世界的不況がその一因であり、景気が上向けば多少は改善されるでしょう。しかし識者や企業の人事担当者の間では、「バブル期のような大量採用時代はもう来ない」という見方が一般的。大学生が直面する就職難は、決して一時的なものではなく、構造的な問題になりつつあるといわれています。

その背景にあるのが、高校生2人に1人が4年制大学に進学する「大学全入時代」の到来にともなう、大学生全体の“質”の低下です。社会に供給される人材のレベルが下がれば、企業は採用にあたって、さらに厳選せざるを得ません。結果として、一部の優秀な学生を奪い合うことになります。「就職難」は裏を返せば空前の「採用難」でもあり、採用の現場からは国内で高いレベルの人材を採用できないのなら、海外に目を向けてもいいのではないかという声も挙がっています。

旧文部省は91年にも大学設置基準の全面改正を行い、一般教養と専門教育の単位数の枠を撤廃するなど、各大学が自由で多様な発展を遂げられるよう従来の大学教育の枠組みを大幅に緩和しました。93年以降、進学人口が減少に転じたにもかかわらず、この規制緩和を機に大学や短大の新設・増設ラッシュが起こり、大学全入時代の到来を早めたともいわれています。

大学全入時代にあっては、学生の基本的な学力が低下していること、また将来設計や進路意識に乏しい大学生が増えていることなどが問題視されています。高校生の大半が4年制大学をはじめとする高等教育機関に“とりあえず”進めるため、高校までの段階で学生を社会へ送り出すための準備がほとんど行われていないのです。代わって、その役割――「実社会への円滑な移行」を大学に求めたのが、キャリア教育の実施を義務付けた11年度施行の新しい大学設置基準の実態であるといっていいでしょう。

今回の改正では、キャリア教育の取り組みについて一律に規定せず、具体的な教育方法やカリキュラムの内容を各大学の判断に任せています。文部科学省が実施している大学の改革状況に関する定期調査によると、08年度の時点ですでに全大学の93%が何らかのキャリア教育を実施していると答えていますが、これには面接のノウハウや就職活動の進め方など、たんに学生を職に就かせるための技術指導も数多く含まれていました。新しい設置基準では、学生が社会的・職業的自立を図るために必要な能力を「就業力」と位置付け、正課教育の中でこれを体系的・組織的に養成する教育プログラムが求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード