【ヨミ】エスノグラフィー エスノグラフィー

元来は文化人類学、社会学の用語で、集団や社会の行動様式をフィールドワークによって調査・記録する手法およびその記録文書のことを「エスノグラフィー」(ethnography)といいます。エスノ(ethno-)は「民族」を、グラフィー(-graphy)は「記述」を意味し、一般に「民族誌」と訳されます。近年は商品開発やマーケティングに欠かせない調査手法として注目され、さらには人材育成やプロジェクトマネジメントなどの分野でも活用されるケースが増えています。
(2010/8/23掲載)

エスノグラフィーのケーススタディ

まさに「百聞は一見に如かず」
現場を質的、定性的に把握する方法論

エスノグラフィーの考え方を確立したのは、20世紀前半に活躍したポーランドの文化人類学者、ブロニスロウ・マリノフスキーだといわれています。マリノフスキーは、南海の孤島に数年間滞在し、現地の人々と深く交わりながら特有の制度や価値観を観察、記録にまとめました。彼以前の学者は、実際に現地へ赴くことなく、もっぱら外交官や商社の駐在員などからの伝聞をもとに、その地の文化習俗を西洋的な視点で分析していました。長期間のフィールドワークを実施し、現地の生活に溶け込みながら自らの目で調査対象を観察するマリノフスキーのアプローチは、その後の人類学の規範となりました。

調査手法としては、アンケートなどを通じて統計的に把握する定量分析とは対照的に、観察やインタビューから定性的に調べるのがエスノグラフィーの特徴です。事前に何らかの仮説を立て、それを検証する「仮説検証型」ではなく、定性調査を重ねるなかで、想定していなかった新しい仮説を見つけ出す「仮説発見型」のアプローチともいえるでしょう。

たとえば企業が顧客の動向を探る場合、データベースによる定量分析は顧客を属性ごとに類型化するのに有効ですが、そうした粗い切り口では、多様化・複雑化する現代の消費者ニーズはとらえきれません。そこで注目されるようになったのが“量より質”の定性分析。エスノグラフィーは、人間の本音や深いこだわりといった数値では測れない質的に貴重な情報を発見し、定性的に理解するスキルとして優れています。ちなみに調査対象を1日中尾行し、その実態をつぶさに観察して、記録するような業務を担う専門家を「エスノグラファー」と呼びます。

フィールドワークを通じ、人間の営みとその現場の実態を“量より質”で把握する――エスノグラフィーの発想はマネジメントにおいても、とりわけ人材や組織の問題を考えるうえで重要な示唆を与えてくれます。経営コンサルタントの好川哲人さんが主宰する株式会社プロジェクトマネジメントオフィスでは、プロジェクトマネジメントの支援にエスノグラフィーを取り入れ、成果を上げています。好川さんらは関係者からの情報に頼らず、実際に人々が働いている現場を観察。しかもただ観察するのではなく、マネジャーやスタッフとしてプロジェクトに参加しながら観察し、問題を探っていく「参加観察」の手法をとっています。過去にはある企業で、5ヵ月をかけてのべ18日間もエスノグラフィーを行ったことがあるという好川さんは、「非常に多くのことが分かった。まさに百聞は一見に如かず」とその有効性を指摘します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード