企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サンケーロウドウ 3K労働

主として若年労働者が敬遠する「きつい」「汚い」「危険」な労働を、頭文字をとって3Kと呼びます。一般的には建設・土木、ゴミ処理などの肉体労働や、警察官や看護師、介護士など勤務・労働条件の厳しい職業を指します。
(2004/10/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3K労働のケーススタディ

3K職場を忌避する風潮は今も
外国人労働者への期待が広がる

3Kという言葉は1990年ごろ流行語として登場しました。人手不足が顕著になり、政府は入管法を改正、日系人の就労の自由を認め、外国人労働者が急増した時期でした。以後、労働用語として一般化し、92年の流行語大賞表現部門には「9K」まで登場しました。ナース・ウェーブ行動の江尻尚子代表が、看護師の仕事は3Kに加え「休暇が取れない」「規則が厳しい」「化粧がのらない」「薬に頼って生きている」「婚期が遅い」「給料が安い」の6つを加えた9Kだと訴えたものです。

最近では女性が工事現場に進出するなど、3K労働に対する認識も変化しつつあるようですが、全体的には3K職場を忌避する風潮は変わらず、景気回復にともない介護・福祉や製造現場などを中心に再び人手不足が問題になっています。このため外国人労働者の受け入れに期待する声が広がっています。

日本で働く外国人労働者は90年の26万人から増加の一途をたどっており、2002年時点では76万人。このうち最も多い23万4000人が日系人や日本人の配偶者ですが、次いで多いのが不法残留の22万人です。これは政府が日系人などを除いて単純労働者の受け入れを認めないためとの批判が多く、政府もフィリピンとの間で人材交流の円滑化などを目指した経済連携協定交渉を進めています。人手不足解消のためには外国人労働者の受け入れとともに、3K職場の給与や労働条件の改善、若い人たちの意識変革も必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

外国人労働者
経済のグローバル化、各国からの労働市場の解放要求などを背景に、日本で働く外国人労働者の数は年々増え続けています。一方で、日本語や日本の労働慣行に習熟していないことなどから、その就労にあたってさまざまなトラブルも生じています。事業主には外国人労働者に対する適切な雇用管理が求められます。
デジタル報酬
「デジタル報酬」とは、給与などが電子マネーで支払われることをいいます。近年キャッシュレス化が進む中で、従業員の交通費精算や、外部のフリーランスなどへの報酬の支払いを電子マネーで行う動きが広がっています。現在、従業員への給与の支払い方法は、労働基準法で「現金の直接払い」もしくは「銀行口座への振り込み」...
就労ビザ
就労ビザとは、外国人が他国で働くときに必要な在留資格のことです。ビザにはこの他にも、留学を目的とした人に与えられる「留学ビザ」や、観光に必要な「観光ビザ」などがあります。パスポートとビザの違いは、パスポートが自国の政府が発行するものであるのに対して、ビザは滞在先の国によって発行されることです。

関連する記事

日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
2006/08/21掲載編集部注目レポート
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的な対応方法について解説します。
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題
正社員転換への仕組みづくりや多様化する人材の活用など、アルバイト・パート採用の今後の展望を整理する。
2016/07/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

外国人労働者に対して
外国人のアルバイトさんの受け入れ時に必要な書類などは何がありますでしょうか?また注意点などあれば教えていただきたいです。
外国人労働者の在留資格
よろしくお願いします。来年(2019年)、外国人労働者の在留資格が拡大すると聞きました。現在は認められていない保育や幼児教育関連にも拡大するとのこと。具体的にその施行時期は、いつ頃になるのでしょうか。決定時期を含めて教えてください。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...