企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ビーピーオー ビジネスプロセスアウトソーシング BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)

業務プロセスの効率化、最適化を目的に、企業が社内の業務処理の一部を専門の事業者に外部委託(アウトソーシング)することを「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」、略してBPOといいます。業務プロセスそのものの企画設計から必要なシステムの導入、人材や設備の準備、プロセスの運用までを一括して委託することで、委託側は限られた経営資源をコア業務に集中することができます。代表的なモデルとしてコールセンターやヘルプデスクサービスが挙げられます。
(2010/5/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のケーススタディ

業務の効率化を進め、経営資源の集中を図る
派遣法改正がアウトソーシング活用の追い風に

労働力人口の減少に歯止めがかからないなか、人材不足への対応やコスト削減の推進のためだけでなく、同時にサービスレベルの向上やビジネスプロセスの革新を実現するソリューションとして、BPOを活用する企業が増えてきています。

従来はITアウトソーシング(ITO)と称して、業務に必要な情報システムの開発や運用管理の一部、あるいは全部を外部委託する形が一般的でした。しかし、業務を遂行する上で情報システムへの依存度が高い分野であればあるほど、IT設備の管理者とそのユーザーを一体のものとして考えたほうがより効果的、効率的なのは自明でしょう。そこで、社内業務そのものを、情報システムのマネジメントとともに外部に委託するBPOが登場したわけです。コールセンターサービスなどのアウトソーシングを手始めに、ITの利用拡大に伴って、従来は各企業のバックオフィスで行っていた会計処理、給与支払、福利厚生、不動産管理といった間接業務や、さらには保険会社の保険契約など特定の業務を情報システムといっしょに外部に切り出す動きが拡がっています。

欧米に比べると、日本企業によるBPOサービスの活用はまだ発展途上ですが、市場は拡大傾向にあります。IDC Japan 株式会社の調査によると、国内のBPOサービスは2010年に市場規模が1兆円を超える見込みです。

今後、こうした流れに拍車をかけそうなのが、現在、国会で審議中の労働者派遣法改正の動きです。厚生労働省が提出した改正案には、自由化業務の登録型派遣原則禁止などが盛り込まれ、成立すれば派遣規制の強化が進むことから、アウトソーシングサービスへの切り替え需要の活発化が予想されます。人材派遣・紹介業界でもこうした変化を見据え、大手のインテリジェンスがBPO事業を拡大。この3月に、バックオフィスの支援から、コールセンター業務、電話・訪問による営業活動の受託まで、幅広いサービスに対応するBPO専門の子会社「株式会社BPOソリューションズ」の設立を発表しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。
アウトソーシング
従来社内で行われていた業務や機能の一部あるいは全部を、外部の専門会社に委託すること。主にコストダウンやコア事業へのリソース集中を目的としています。
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

関連する記事

「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用代行・アウトソーシング」のポイントと最新サービス
現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
2010/12/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...