企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キュウカブンサンカ 休暇分散化

春・秋の計2回、全国5つの地域ブロック別に日程をずらして大型連休を設ける構想で、政府の観光立国推進本部が2012年以降の導入を目指しています。長期休暇を地域ごとに分散させることによって、交通機関や宿泊施設などの混雑を緩和し、新たな観光需要を掘り起こすのが狙いです。
(2010/5/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休暇分散化のケーススタディ

「一斉でないと休みにくい」日本人のために
法改正で休日を分散し、地域別の連休を設定

2010年3月、政府は休暇分散化について次のような試案を発表しました。

  • 現行の「国民の祝日」の一部――「憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」「海の日」「敬老の日」「体育の日」を記念日として休日にはせず、代わりに春と秋にそれぞれ、土・日を含む5連休の大型連休を新しく創設する。祝日の総数は変えない。
  • 年2回の新たな大型連休は、全国を人口規模に応じて分けた「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」の5つのブロックに分散し、時期をずらして設定する。

休暇分散化案の検討は観光業界の要望を受けて始まりました。ゴールデンウイークなど全国一斉の大型連休に観光需要が偏り、収益をあげられる日数が極端に限られているためです。休暇を分散することで、混雑や渋滞、繁忙期料金の高さなどの理由によってレジャーを諦めていた消費者の需要を喚起。「黒字は年間100日程度」ともいわれる宿泊施設や飲食店など関連産業の収益力を伸ばし、ひいては雇用創出や地域の活性化にもつながると期待されています。

一方で、経済界を中心に混乱を心配する声も少なくありません。全国展開を行う企業が地域ブロック別の休暇に入れば、事業所間の連携や生産・流通のネットワーク、取引先との決済などに支障をきたす恐れがあります。中小企業の場合、大手企業の都合で結局、休日に出勤せざるをえなくなり、分散化の恩恵を受けられないというケースも予想されます。また単身赴任で家族が別々に住んでいたり、居住地と勤務地、通学先が離れていたりすると、家族がそろって休日を過ごすことができず、制度改革がかえってレジャー消費を冷え込ませることにもなりかねません。観光庁が実施した国民意識調査でも「分割して休むと、逆に業務に差しさわりが出る」「祝日のそもそもの意識が薄れる」「祭事やイベントに参加しづらくなる」などの理由で、約3割が分散化に反対しました。

こうしたデメリットから、法律で新たな休日を決めるより、働き手が有給休暇をすすんで取得できるように環境を整備するほうが先決ではないかという指摘もあります。現在、日本の法定休日は年間15日。フランスの11日、アメリカの10日、イギリス、ドイツの8日などを抑えて先進国中最多です。ところが有給休暇(以下、有休)の取得率となると、50%にも達しません。有休を取る意識、認める意識が薄いので、あえて休日を分散し、半強制的に余暇を活用させる――政府案にはそんな狙いもあるようです。ちなみに有休をほぼ100%取得するドイツやフランスでは、学校の長期休暇の時期が地域ごとにずれていて、親はそれに合わせて休みを取るのが一般的だといわれます。

政府は休暇分散化を推進するために、祝日法の改正案か新法の「休日法」(仮称)案を、早ければ今秋の臨時国会にも提出する方針です。国民生活や経済活動への影響がはかり知れないテーマだけに拙速を避け、議論を尽くすべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
休み方改革
「休み方改革」とは、休暇が一時期に集中するのを見直し、企業に有給休暇の取得を促すなど、官民一体で働く人が休みやすい環境をつくる取り組みのことです。政府は2017年6月に、「休み方改革官民総合推進会議」(仮称)の新説を発表。長時間労働を是正する働き方改革と一体の国民運動と位置づけ、その成果として生まれ...
キッズウィーク
「キッズウィーク」とは、地域によって夏休みなど学校の長期休暇の時期を分散化することで、親と子がまとまった休暇を一緒に過ごしやすくする取り組みのこと。政府の推進により、2018年4月から一部の自治体でスタートしました。働き方改革と裏表の関係にある「休み方改革」推進の一環として、有給休暇を取得しやすい環...

関連する記事

「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部
私傷病により通院する労働者のための 「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介します。
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...