企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークショップ ワークショップ

ワークショップとは元来、「工房」「作業場」など協働で仕事を行う“場”を表す言葉。教育研修の手法としては、参加体験型グループ学習を意味します。講師から一方的にナレッジを受け取るだけの講義やセミナーとは違い、参加者自らが積極的な意見交換や協働体験を通じて、実践的な知識・技術を学びとるのが特徴です。研究や創作活動の手法として、あるいはまちづくりなどのコミュニティ活動における問題解決や合意形成の場として活用されることも多く、近年はあらゆる分野で広くワークショップが行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークショップのケーススタディ

参加者の主体的な学習意欲を引き出す
ファシリテーターの役割が成果のカギ

ワークショップは、教育を受ける側の参加者(学習者)が主体となって進められます。教育研修とはいえ、参加者は受け身で教えられるだけでなく、自らプログラムに取り組み、議論や協働体験を進めていく積極的かつ協力的な姿勢が求められるのです。

ただ参加者だけでは、自発的なグループ学習を運営し成果を上げることはできません。とくに企業研修では、本人の意志にかかわらず半ば強制的に出席させられているケースが多いため、主体的な参加意識を初めから全員に期待するのは、現実問題として難しいでしょう。

そこで重要になってくるのが、講師や先生ではない、「ファシリテーター」と呼ばれる進行役の存在です。ファシリテーターとは、「促進する」「助長する」という意味の英語‘facilitate’の派生語で、日本語では「引き出し役」などと意訳されることもあります。対話を通じて参加者一人ひとりのやる気や知恵、経験を引き出し、互いの学びあいから一定のアウトプットや問題解決が導き出せるよう、ディスカッションの場を活性化させる役割です。主体はあくまで参加者なので、ファシリテーターはいくら答えがわかっていても自分の考えを押しつけてはいけません。どのように進行していくかが、ワークショップの成否を分けるといっても過言ではないでしょう。

近年、人材開発戦略の一環として「企業内大学」制度を設ける企業が増えていますが、社員に自立・自律的な学習を促す狙いから、各大学の“講座”では従来の受け身の研修に代わり、ワークショップの手法がさかんに導入されています。

広告会社の博報堂では全社員のクリエイティビティを底上げするために、2005年には「博報堂大学」を設立していました。社内外のすぐれた人材をファシリテーターやコーディネーターに招き、さまざまなテーマについて構想を深めるユニークなプログラムを実施しています。参加者にはレポートや提案などのアウトプットが義務付けられ、そこから実際のビジネスアイデアに結びつくことも少なくないそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

Tグループ
「Tグループ」とは「トレーニンググループ」の略で、自己理解や他者理解、リーダーシップといった人間関係に関する気付きを得るための学習方法です。心理学者のクルト・レヴィンらが1946年に米国コネチカット州で、教育関係者やソーシャルワーカーなどを集めて、人種間の差別撤廃に向けたワークショップを行ったことが...
ファシリテーター
効率的かつスムーズな会議を実現するための進行役となる「ファシリテーター」。中立的な立ち位置から意見の対立を調整したり、積極的な意見交換を促したりするなど、有意義な会議を行ううえで重要な役割を果たします。多様な人材雇用が進む近年では、組織運営にそのスキルを応用している企業も増えてきました。ここでは、フ...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

関連する記事

研修の準備と段取り
研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
2012/10/12掲載よくわかる講座
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
研修会社の選び方
自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポ...
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

教育研修会社について
当社で若手社員を対象に研修を実施しようと考えております。 チームワークを強化する為の研修を考えておりますが、教育研修に強い会社をご存知の方がいればご紹介下さい。 又導入した事のある担当者の方がいらっしゃれば導入経緯や結果等教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
教育研修費の健全な割合について
当社は、まだ十分な教育研修制度が整っていない中小企業です。今後は、外部のビジネスセミナーなどに参加してもらうことを考えていますが、通常、教育研修費というのは経常利益の何%程度に抑えるべきなのでしょうか?ご教示くださいますようお願いいたします。
新入社員の研修について
現在新入社員向けの研修制度を策定しています。 内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修と考えておりますが 企業様やその研修内容も多種多様です。 そこで平均的な金額や日程についてお教え頂けませんか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...