無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】シンガタウツビョウ 新型うつ病

従来型の典型的なうつ病とは印象が違う、新しいタイプのうつ病のこと。仕事中だけうつで、職場を離れると活動的になるなど自己中心的に映るため、周囲が対応に苦慮する場合も少なくありません。
(2008/10/20掲載)

新型うつ病のケーススタディ

職場ではうつでもプライベートでは活動的
わがまま”に思えても対応は慎重に

うつ病が社会に蔓延しています。厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病などの患者はここ10年ほどの間に2倍以上に急増。診療施設は増えているものの追いつかず、パンク寸前のクリニックも少なくありません。背景には、病気に対する啓発が進み精神科への抵抗が薄れたことや、企業のメンタルヘルス対策が普及したことなどがありますが、新型うつ病の患者が増えていることも一因だといわれています。

うつ病というと、周囲の状況に関係なく慢性的に気分が落ち込み、何事にも意欲が湧かないというのが主な症状。真面目で几帳面、すぐに自分を責めるような人がなりやすいと思われてきました。しかし2007年ごろから、20〜30代を中心に「職場ではつらいと感じるけれど、帰宅後や休日は活発に活動する」「自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度をとる」といった患者が増えています。うつ病と診断されて休職中なのに、海外旅行に出かけたり、趣味に打ち込んだり……。そこで便宜上、新しいタイプのうつ病=「新型うつ病」と呼び、きまじめな従来型のうつ病と区別するようになったのです。専門的には「非定型・自己愛型うつ病」、あるいは「職場うつ」「未熟型」「逃避型」「現代型」とも呼ばれています。

もっとも「新しいタイプのうつ病」とはいうものの、本当に「うつ病」の範疇に入るのか、別の病気ではないのか、そもそも病気と呼べるものなのか――。専門家の間でも議論が分かれています。現在、うつ病の診断に用いられているアメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVでは、9項目の主な症状がいくつあてはまるかで病気を定義しています。一定の症状があれば、新型と呼ばれるものも病名としては「うつ病」と診断されるわけです。

したがって社員が「うつ病」と診断されたら、いくら言動がわがままに思えても、労務管理上は主治医の指示を尊重して対応しなければなりません。

▼ 「新型うつ病」の解説記事はこちら
職場のメンタルヘルス最前線~増加する“新型うつ病社員”への対処法

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード