企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミドルマネジメント ミドル・マネジメント

組織の中間に位置するマネジメント層を指します。一般的には「中間管理職」と呼ばれ、具体的な役職としては部長、課長職などがこれにあたります。
(2008/8/18掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミドル・マネジメントのケーススタディ

経営層と一般社員を結ぶ「要」の役割
深い専門知識や部門間の調整能力が求められる

マネジメントには、3つの階層があります。上位層は、経営の最終責任を負う立場の「トップ・マネジメント」。下位層は、現場でメンバーと共に目標を達成する「ロワー・マネジメント」。そして、これらの間でトップが示した理念やビジョンをロワーに伝達し、目標実現のための戦略を推進する中位層を「ミドル・マネジメント」といいます。

ミドル・マネジメント(以下、ミドル層)の役割は、トップの意思をロワーに伝え、間をつなぐことにあります。しかし、それと同時に、現場からトップへの情報の伝達も重要な役割の一つです。ミドル層は、担当責任者や一般社員の話から現場の状況を把握し、経営層に正確に伝えることが求められています。これにより、トップと現場とのコミュニケーション・ギャップを解消し、意思決定を適切な方向へと導くことができます。ミドル層は、まさに経営層と一般社員を結ぶ、「コミュニケーションの要」と言えるでしょう。

組織の規模が大きくなり、社内体制が複雑になるにつれ、ミドル層は上下間だけでなく部門間の調整役を担うことになります。そのため、深い専門的知識、高い事務処理能力、部下に対するリーダーシップと管理能力、部門間の調整能力など、さまざまな能力が要求されます。

近年、情報化が進み、電子メールで経営層と一般社員が直接情報交換したり、誰でもデータベースから必要な情報を引き出せるようになったりしています。そのため、ミドル層の存在意義が薄くなってきたと言われています。しかし、現場の仕事に精通し、かつ、全社的な視点から事業の進捗などを最も把握しているのはミドル層です。

現在、上場企業を中心にミドル層の人材が不足しています。人材マーケットでは、専門分野を持つプレーヤーでありながらマネジメントの力量も備えるミドル層への需要が高まっています。M&Aや合併など、事業環境が日々変化する中で、組織が最大限の力を発揮し、競争力を高めるには、ミドル層の優劣が大きく影響してきます。今後、企業にとっていかに優秀なミドル層の人材を確保できるかが、重要になってくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

連結ピン
「連結ピン」とは、米国の組織心理学者R.リッカートが提唱した組織とリーダーシップの関係に関する概念です。リッカートは、人と人、人と組織、組織と組織を有効に結びつけ、コミュニケーションを円滑化する“潤滑油”の役割あるいはそうした役割を果たす能力を「連結ピン」と呼び、リーダーやマネジメント層には連結ピ...
プレイングマネジャー
部下の育成・指導などを行う「マネジャー」としての役割と、売り上げに貢献する現場の「プレーヤー」としての役割を共に担うポジションのことをいいます。
エンプロイアビリティー
エンプロイアビリティーとは、「employability(エンプロイアビリティー)」のことで、日本語では「雇用される能力」と訳され、能力評価、能力開発目標の基準となる実践的な就業能力を指します。

関連する記事

ミドルマネジャーは期待外れ?! ~ミドルマネジャーに期待する役割1位も、果たせていない役割1位も「部下の育成・マネジメント」
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。ミドルマネジャーが最も果たせていない役割の最多は、「部下の育成・マネジメント」(44.5%)。ミドルマネジャーに期待する役割としても1位(79.2%)なことから、ミドルマネジャーが...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート
管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第101回 これからの組織を支える「ミドルマネジャー」を育成する 期待される役割を見直し、ミドルマネジャーを活性化させる方法とは?(前編)
経営を取り巻く環境が大きく変化している現在、中間管理職である「ミドルマネジャー」に期待される役割が増大している。ところが、これまでのキャリアの中で、「経験・成長の機会が減少」しているのは否めない。さらに、ミドルマネジャー自身の管理職であることの「インセンティブ...
2016/12/09掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
源泉徴収に関して教えて下さい
合同会社を設立したのですが、社員は代表社員(経営者)と経営者の家族になります。この場合、源泉徴収はどのように計上するべきなのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...