企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウギョウリツ 就業率

15歳以上の人口に占める就業者の割合。総務省統計局が毎月行っている「労働力調査」において、完全失業率とともに公表されています。
(2007/6/18掲載)

就業率のケーススタディ

景気回復に伴い上昇の兆し
政府もさらなる就業率向上のための取り組みを開始

就業者とは、従業者(賃金・給与・諸手当・内職収入などの収入を伴う仕事に、調査期間中1時間以上従事した者)と休業者(仕事を持ちながら、調査期間中まったく働かなかった者のうち、1.雇用者で給料・賃金の支払いを受けている者または受けることになっている者。2.自営業主で自分の経営する事業を持ったまま、その仕事を休み始めて30日にならない者)を合わせたものをいいます。

総務省が平成19年1月に発表した平成18年の就業率は、全体平均で前年比0.2ポイント上昇の57.9%。最も低かった平成16年の57.6%から、2年連続の上昇となりました。就業者数は前年比26万人増の6382万人で、3年連続の増加を達成。就業率の向上には、景気回復に伴う人員の確保が背景にあると考えられます。

今後、人口減少が加速していくなかでも日本経済が成長していくためには、より多くの労働力の確保が必要になります。その流れを受け、政府の経済財政諮問会議(議長:安倍晋三首相)がまとめる労働市場改革案では、10年後に達成すべき就業率の数値目標を設定しました。

策として、結婚や出産を機に退職する人が多い既婚女性や、大量退職を迎える団塊世代を中心とした高齢者層の就業を促す「税制・社会保障制度の改革・就職支援」、家庭と仕事が両立できる働き方の実現などを掲げています。具体的には25〜44歳の既婚女性の就業率を、平成18年の57.0%から同29年には71.0%に引き上げたいとしています。さらに、少子化を食い止めるためには家庭と仕事の両立の支援が必要だと説き、年間労働時間を1割短縮する目標を設定。年次有給休暇の完全取得や、残業時間の半減などを促しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。
完全失業率
労働力人口に占める完全失業者の割合を言います。総務省統計局が毎月調査し、調査月の翌月末に発表しています。バランスがとれるように無作為に選んだ全国約4万世帯の約10万人を対象に、知事が任命した調査員が調査票を配って調べ、その結果から全体を推計します。
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...

関連する記事

香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介...
2009/07/13掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。