企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/07/14

【ヨミ】ショウシンウツ 昇進うつ

「昇進うつ」とは、昇進したことがきっかけで生じるうつ状態のこと。「出世うつ」ともいいます。部下ができる、あるいは増えることで生じる人間関係のストレスや、目標達成のプレッシャーなど、昇進によって責務が重くなることからメンタルヘルスに影響を及ぼしている状態です。うつ病はさまざまな要因が絡み合って発症するため、明確に昇進だけが原因になっているとは言いにくいことも多く、昇進うつという名称も正式な医学用語ではありません。

昇進うつのケーススタディ

昇進うつの症状にならないために
本人と人事ができる対策は

昇進うつには、マネジメントのストレスから来るもの、上司からのプレッシャーから来るもの、目標達成の不安から来るものなど、さまざまなケースがあります。「優秀なプレーヤーが優秀なマネジャーになるとは限らない」とよく言われます。例えば、専門スキルを評価されて入社した専門職や技術職の人のなかには、マネジャーに登用されてストレスを感じることもあるでしょう。

「昇進うつ」の症状は、うつ病の症状と同様で、慢性的な疲労感や不眠、食欲不振または過食、頭痛、腹痛、吐き気、めまい、集中力の低下などといったものが一般的です。身体にこういった症状が出るまで自分を追い込んでしまうのは、弱音を吐くことができない環境や、メンタルヘルスに対する職場の理解・知識不足などが原因です。

昇進うつにならないために本人ができるのは、いつでも相談できるように上司との関係性を築いておくこと、任せられる仕事は部下に任せること、相談できる相手を持つことなど。「上司によって言うことが違う」という言説をあちらこちらで聞きますが、この認識のすれ違いは、管理職になるとさらに大きな摩擦を生む可能性があります。昇進して新たな上司ができたら、まずはじっくりと話をして、上司がどのような目的や評価基準を持っているのか、価値観のすり合わせを行いましょう。

では、従業員が昇進うつにならないように、企業や人事ができることは何でしょうか。例えば、昇進から数ヵ月間はマネジャーのメンタルヘルスに気を配り、必要に応じて面談を行うこと。上司と部下というレポートライン以外にも部署横断的な1on1を行い、つながりを持つ機会を作ること。ストレス状態にある従業員が自分自身をケアできるよう、メンタルヘルスに関する正しい知識を得るための教育も必要です。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ピーターの法則
「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げてい...
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...
ガラスの天井
「ガラスの天井」とは、英語の「グラスシーリング」(glass ceiling)の訳で、組織内で昇進に値する人材が、性別や人種などを理由に低い地位に甘んじることを強いられている不当な状態を、キャリアアップを阻む“見えない天井”になぞらえた比喩表現です。もっぱら女性の能力開発を妨げ、企業における上級管...

関連する記事

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変...
2010/06/14掲載人事・労務実態調査
入門10年も頑張れば最高位の「真打」昇進! でも実力と人気がないと寄席にも上がれない。「落語家」のお仕事
入門10年も頑張れば最高位の「真打」昇進! でも実力と人気がないと寄席にも上がれない。「落語家」のお仕事をクローズアップ
2005/02/14掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3番目は「賞与」(78.4%)だった。一方、「人材開発・育成」(31.0%)、「キャリア開発」(17....
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

平均昇進年数の計算方法
会社ごとに管理者への平均昇進年数などが表示されたりしていますが、どのように計算しているのでしょうか。 単に、現在の管理職が実際に昇進した年数を平均してもおかしいですので、管理職になれない人も含めて本当の平均を算出したいです。 計算方法を教示下さい。
月中昇進者の給与計算に関して
当社は当該月1日~末日までの給与を当該月の25日に支払っています。 月の途中で昇進した社員がいた場合、給与計算の基準をどこにおけば良いのでしょうか。 当社では昇進すると基本給がアップします。 日割計算も考えましたが、時間外手当支給者であった場合、手当の単価を決定するのにはどうしたら良いのかと悩んでし...
昇進該当者の配布について
いつもありがとうございます。 弊社では大学卒(新卒)であれば卒業後8年(30歳)経過すれば主任へ昇進の資格を満たすことができます。 近年中途採用が増えてきている中、昇進候補者を各部署に配布する場合、 ①30歳以上の年齢の社員を一覧表にして配布したほうがいいのか ②30歳以上であっても前職や勤続年数...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...