企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソーシャルグッド ソーシャルグッド

「ソーシャルグッド」とは、社会へ良いインパクトを与える活動や製品、社会貢献度の高い活動を支援する姿勢を表す総称です。2010年代から頻繁に使われるようになった用語で、当初は特にマーケティングの文脈で言われることが一般的でした。SDGsやESG投資といったサステナビリティを追求する取り組みが国内でも浸透するにつれ、企業経営にもソーシャルグッドな視点が求められるようになってきています。

ソーシャルグッドのケーススタディ

社会的な活動が“一部署”にとどまらず
“事業部”にまで拡大した企業も

経済活動と環境保全は相反するものなのでしょうか。かつて日本は、経済活動を優先したがために環境汚染をし、四大公害病を生み出しました。それらの負の歴史を教訓に問われ始めたのが、企業の社会的責任、いわゆる「CSR(Corporate Social Responsibility)」という考え方です。近年はCSRにとどまらず、事業そのものがソーシャルグッドな「CSV(Creating Shared Value)」という概念も生まれました。「社会」と「企業」が同じ方向を向くことが、競争優位性を高める手段の一つとして捉えられるようになってきています。

最近では、CSRやCSVに“本気で”取り組む企業が増えています。「無印良品」を展開する株式会社良品計画は、2018年2月に「ソーシャルグッド事業部」を立ち上げました。ソーシャルグッド事業部は二つの部門で構成されており、一つは「ローカルグッド」と呼ばれます。少子化・高齢化が進み国内マーケットが縮小していくなかで、地域の経済循環に貢献することを目標に掲げ、同社が受託して管理している複合施設で地元の生産者から野菜を仕入れたり、レストランのメニューに取り入れたりしているそうです。

もう一つは「スペースグッド」という部門。廃校や空き家を活用して地域のコミュニティスペースを作ることで、地域の人たちの交流を促しています。企業が地域の住民や自治体との関係性を深めることで、コミュニティと地域経済の両方を活性化させることができる。まさに「三方良し」の考え方です。

クラウドファンディング・プラットフォームの株式会社CAMPFIREでは、ソーシャルグッドな取り組みに特化したサービス「GoodMorning」を2019年4月に分社化する形で立ち上げました。社会問題と向き合う団体が必ず直面するのが資金問題。どれだけ社会的な活動であっても、継続できないことには事を成しえません。企業や団体だけでなく、個人レベルでもソーシャルグッドな取り組みを継続的に行えるよう、お金を集める仕組みが増えてきている一例です。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

サステナビリティ
「サステナビリティ」(sustainability)とは、「持続可能性」または「持続することができる」という意味。サステナビリティへの取り組みというとき、何を“持続する”のかというと、その対象は広く社会と地球環境全般を指します。本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキー...
CSV(Creating Shared Value)
「CSV」とは、Creating Shared Valueの略語で、「共通価値の創造」などと訳されます。2011年にハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・E・ポーター氏とマーク・R・クラマー研究員が発表した論文で提唱されました。企業の社会的責任を表す「CSR」と混同されることもありますが、...
CSR調達
日本では「企業の社会的責任」と訳されているCSR(Corporative Social Responsibility)の取り組みを、調達先の企業にも求めることを言います。

関連する記事

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス
コンプライアンス推進に不可欠な「企業の社会的責任」とはどのようなものか。企業価値を高めるための取組みを探る。
2017/01/31掲載よくわかる講座
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第57回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。 それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。 『前編』では、「...
2012/06/25掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
CI活動
企業のCI活動を取り組んでいくにあたり、どのようなことがCIとして認識され、どのように取り組んでいくのか基本がわかっておりません。各企業ごと違うと思うのですが、基本となる活動事例やそのような資料URLがありましたら、教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 人事トレンド ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...