企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】メラビアンノホウソク メラビアンの法則

「メラビアンの法則」とは、人の第一印象は出会って数秒以内に決まり、また視覚情報による印象が評価に大きく影響するという概念のこと。アメリカ合衆国の心理学者、アルバート・メラビアンによって提唱されました。メラビアンは実験により「聞き手への影響力は言葉以外によるものが圧倒的に高い」ことを説き、第一印象に影響をもたらす内訳は、見た目や表情などの「視覚情報」が55%、話し方や声の大きさなどの「聴覚情報」が38%、話の内容といった「言語情報」が7%の割合だとしています。(2019/11/21掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メラビアンの法則のケーススタディ

人事が重視する点は、笑顔、熱意、素直さ。
その面接に妥当性はあるか?

新卒採用で面接を行うとき、人事担当者は学生のどのような要素を見ているのでしょうか。知識の有無や自己PRの内容、それとも企業や業界に対する理解の深さでしょうか。マイナビが企業を対象に実施した「2020年卒 マイナビ企業新卒採用予定調査」によると、人事が面接時に特に注視しているポイントの1位は「明るさ・笑顔・人当たりの良さ」で59.1%、2位は「入社したいという熱意」で43.5%、3位は「素直さや伸びしろ等の成長可能性」で43.1%でした。以降も「職場の雰囲気に合うか」「まじめさ・誠実さ」と続き、上位のほとんどが非言語情報によって占められています。

一方で、「技術的・専門的な知識」は5.2%、「自己紹介・自己PRの内容」は11.4%、「企業・業界理解の深さ」は9.7%。論理的であることが求められるはずのビジネスシーンでも、言葉以外の要素が聞き手に大きく影響していることがわかります。

しかし、近年ではこうした傾向に異を唱える動きも見られます。神戸大学大学院准教授の服部泰宏氏による著書『採用学』には、面接による採用は妥当性が低いことが記されています。面接がきちんと構造化され、応募者への質問も評価方法もマニュアル化されていれば、面接は意味を持ちます。しかし、面接官の主観が大きく作用するフリートーク型の面接では、非言語情報に評価が左右されてしまい、本来であれば落とすべき人を合格にし、合格にすべき人を落とすという損失が発生しやすくなります。

このようにフリートーク型面接の妥当性が低いことが唱えられているにもかかわらず、これまでその方法で採用してきたからと、面接の設計が改善されないまま今も続いているのが多くの日本企業の現状ではないでしょうか。自社のハイパフォーマーに共通するスキルや素養をきちんと分析し、非言語情報にまどわされない面接設計を行うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

オンライン面接
「オンライン面接」とは、企業などが採用活動の際にオンラインで面接を行うことをいいます。応募者が企業に直接出向くのではなく、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて採用担当者と面談したり、自分で撮影した動画を専用サイトに投稿したりするなど、場所や時間に拘束されない応募のしくみを構築することで、採用プロセ...
評価者訓練
人事評価を行う社員に、評価の手順、基準や着眼点などを理解してもらい、具体的な技術としての評価能力(Appraisal Skill)を体得してもらうために、企業が実施するトレーニング・プログラムのことです。
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

関連する記事

応募者の話を聞きながら眠ってしまった面接官 気に入らない応募者を次々に落とす経営トップ
面接は、企業と応募者が直接触れ合う最初の場。企業が応募者を選考するのと同時に、企業側も応募者から見られ、判断される場でもある。したがって面接担当者の役割は重要だ。きちんと選考を行うことは当然だが、企業の代表として応募者に良い印象を与えることもまた必要である。最...
2006/03/27掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事マネジメント「解体新書」 第24回 採用力を高めるための「面接」術とは?~自社アピールと見極めのスキル
人事マネジメント「解体新書」 第24回 採用力を高めるための「面接」術とは?~自社アピールと見極めのスキル
2009/02/09掲載人事マネジメント解体新書
人材紹介会社が行う面接対策 採用業務を社長一人で担当する企業
採用試験の山場といえば何といっても「面接」。中途、新卒問わず、どの企業でも最も重視される選考プロセスである。逆に考えれば、求職者は面接で好印象を与えることができれば、合格に一気に近づく。だからこそ、数多の「面接対策本」「面接マニュアル」などが存在しているわけだ...
2008/07/28掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

採用面接時の通院歴の確認
標記について、面接時に質問することは禁じられていることは理解しておりますが、それでも間接的に窺い知ることができる質問方法等はございますでしょうか。
集団面接でのNG質問を教えてください
集団面接を行う際に、応募者に聞いてはいけない質問をお教えください よろしくお願いします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人事トレンド ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...