企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コジンウケオイロウドウシャ 個人請負労働者

企業と雇用関係を持たない個人請負の契約労働者を言います。最近、急増していると言われますが、労働基準法上の労働者に該当しないため、労働法などの保護の対象にはなりません。
(2005/8/29掲載)

個人請負労働者のケーススタディ

企業と対等な「事業主」と見なされるため
労働基準法や労災保険法は適用されない

「個人請負」という働き方は、多くの職種で以前からありました。たとえばフリーの編集者やデザイナー、生命保険会社の外交員、フランチャイズ店長、建設現場の鉄筋工などです。最近ではIT技術の発達によりフリーのコンピュータ技術者など新しい職種が増えています。働く人も高度な専門知識を持った人から、空いた時間に単純業務を請け負う人まで多種多様。また複数の企業をかけ持ちする人もいれば、1社専属で働く人もいます。その数は全国に50万人とも200万人とも言われていますが、公的な統計資料が皆無に等しく、実態はあまりわかっていません。

企業が個人請負を活用するメリットとして、まずあげられるのは、個人請負労働者との間に雇用関係が存在しないため、社会保険や社内の福祉厚生を提供する義務がないという点です。また、労働時間の調整が容易で、社員を使うよりコストがかからず、業務量に応じて調整がしやすいという利点もあります。さらに、自社にないノウハウや高度な専門知識を活用できる点も、企業にとってのメリットの1つと言えるでしょう。

一方、労働時間に縛られず自分のペースで働きたい人や、企業の枠を超えて能力を生かしたい人にとっても、個人請負は魅力的な働き方と言えます。しかし問題がないわけではありません。社員やパートが企業に雇われているのに対し、個人請負は企業と対等の「事業主」と見なされるため、労働者保護のための労働基準法などが適用されないのです。労働者なら仕事中にケガをすれば労災保険の対象となり、賃金も最低水準が定められ、勤務先が倒産しても給与は一般債権より優先的に支払ってもらえますが、個人請負の場合は何の保証もありません。

高い専門能力で高額の年収を稼ぐ個人請負労働者なら保護の必要はないでしょう。しかし、そうした人はほんの一握りです。社員やパートと変わらない仕事をしている人については「実質労働者」として必要な範囲で保護すべきとの指摘も出ています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
トライアル雇用
公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。
企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...