プロフェッショナルコラム一覧

3,096件中3,001~3,010件を表示
小高 東

労働契約と就業規則はどちらが優先するか

小高 東(東 社会保険労務士事務所 東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) )

労働契約と就業規則で労働条件が違う場合は、労働条件がよい方が適用されます。 ▽根拠条文:労働契約法第7条、労働契約法第12条   労働者と使用者が労働契約を結ぶ場合に、 使用者が合理的な内容の就...

2011/08/03 ID:CA-0000345 労働契約法
樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)

社員のモチベーション向上には「成果」と「小さな組織」が大事

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(株式会社トリプルウィンコンサルティング 代表取締役)

社員のモチベーションを上げるにはどうしたらいいか。 これは、どの企業でも抱えている課題です。 「賃金を上げる」 「福利厚生を充実させる」 「教育研修に力を入れる」など 企業では、さまざまな取り...

2011/08/02 ID:CA-0000341 人事制度
樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)

人事評価は絶対評価と相対評価のどちらにすべきか

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(株式会社トリプルウィンコンサルティング 代表取締役)

人事評価の基準は、大きく絶対評価と相対評価の2つに分けられます。 絶対評価とは、他の社員と比較せず、あくまで被評価者の働きぶりのみを振り返って評価する方法で、相対評価とは他の社員と比較して被評価者...

2011/08/02 ID:CA-0000340 人事制度
樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)

社員の仕事ぶりに見合った賃金を払うには等級制度の整備が必須

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(株式会社トリプルウィンコンサルティング 代表取締役)

仕事ぶりに見合わず高い賃金を支払っている社員の賃金をどうやって下げればいいかとお悩みの社長は多いと思います。最近お会いした何人かの社長も、皆さんこの問題を感じていらっしゃいました。 仕事ぶりに対し...

2011/08/02 ID:CA-0000339 人事制度
樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)

国民年金保険料を納付した方が安心して暮らせる本当の理由とは?

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(株式会社トリプルウィンコンサルティング 代表取締役)

国民年金の納付率が低下しています。2010年4月~2011年2月の11ヶ月間実績は過去最低の58.7%になってしまいました。 「どうせ保険料をきちんと払っても将来年金をもらえるとは限らないから」 ...

2011/08/02 ID:CA-0000338 社会保険
3,096件中3,001~3,010件を表示