企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

新時代の人材教育で大切なこと

新年度を迎え、1週間が経ちました。今年は新しい元号の発表も重なり、いつもの年度始めより
名実ともに新時代へ向かうどこか新しい空気が皆様の職場にも流れてたのではないでしょうか。

さて、4月は研修の季節です。
社員教育も新入社員研修からはじまって、階層別研修、パワハラ対策研修、営業研修、コミュニケーション研修、コーチングや、ワークショップ、eラ―ニングに至るまで今の時代、多様化して目的別に様々な研修がありますが、これからの時代に本当に必要な研修とはどんなものでしょうか。

これだけ人や社会が変化している時代に、求められる人材教育の形も、大きな変革が求められます。まして、RPAやAIも導入されようとする今、仕事で大切なこと、求められる事も大きく変わろうとしていています。

今後は、組織的に個々のナレッジ(知恵)を集約し、活かすことが益々重要になってくるのではないでしょうか。

●個々のナレッジを引き出すためには●

人を育てるしくみづくり=個々のナレッジを引き出す第一歩として、まずは、仕事の見える化・モジュール化を行い、業務の目的やゴールまでの具体的方法を「地図」のように共有することが重要です。

■どのような「ゴール」を達成するために(=ベクトルの見える化&一致)
■何の業務が発生し(=業務の見える化)
■なぜ(=判断基準の見える化)
■どのようにするのか?(=やり方の見える化)

今後増えてくるテレワーク導入にも、仕事の見える化・業務のモジュール化は欠かせません。

個々が引き出すナレッジ(知恵)は無限の可能性があります。まずは仕事の見える化して個々がナレッジを自由に出し合える環境作りが大切ではないでしょうか。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
田原 祐子
田原 祐子(タハラ ユウコ)
株式会社ベーシック 代表取締役 (社会情報大学院大学先端教育研究所 客員教授)
テレワークに必須!人や組織の持つ暗黙知を形式知化する、先進のナレッジ・マネジメントで、累計1500社の人材育成・実績向上を実現・貢献
テレワークの導入が急速に進む現代に、人材のノウハウ・ナレッジの見える化・企業や組織での共有化・蓄積は必須です。
仕事ができる人材の、思考プロセスを見える化・形式知化し、人・チームの育成に活用し即戦力化します。特許庁、経済産業省の業務も受託。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、キャリア開発、マネジメント、営業・接客・CS
対応エリア 全国
所在地 港区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...