企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

オンライン研修のファシリが確実に上達する2つのスキル

いま多くの企業で社内の集合型研修をオンラインライブ型に移行、

または併用という流れになってきていますが、これまで集合型で実施していた

ものをオンライン型に再設計する際に、そのゴール設定や学習効果の有用性に

ついての検討はだいぶ浸透してきたように感じています。

 

一方で、再設計された演習の展開や振り返りのさせ方、そもそも設計しにくい講師の

ファシリテーションについては、まだまだ悩まれている企業が多いように思えます。

 

オンライン研修のファシリテーションというと、単に講師のリアクションの大きさや、

話し方の抑揚といった現象面に目が行きがちですが、それ以上に受講者の反応を連鎖

させる「コール(Call)」であったり、受講者にメモをとらせ、理解を促進させる「思考整理」

のアプローチが、ここでいうところの重要なファシリテーションになります。

 

「コール」とは、私が便宜上つけた名称で、受講者への「頻繁な承認」や「回答を求

めない問いかけ」、「受け・止め・返し」、「ゆさぶり」などがそれにあたります。

 

「思考整理」とは、特に知識習得の研修において、受講者が講師の意図した通りの理

解がなされているかを確認する「部分と全体」「具体と抽象」の「関連想起」や、

「ふりかえり」などの場面を意味します。

 

これらの「コール」や「思考整理」を意識したファシリテーションは、特に研修時間

が一段とコンパクト化し、非接触の環境となったオンライン研修では非常に効果的です。

一方で、スキル不足による、学習させたい内容の「不定着」や気づきの「不活性」が

課題として浮彫になってきているようにも感じます。

 

特に、オンラインでの研修は、受講で使用するテキストがデータ化されている(ペー

パーレスの)場合が多いため、受講者の思考や気づきは「端末の中で完結」される

ことも少なくありません。つまり、これまでであれば、手元にある冊子のテキスト

に気づいたことを「自分の筆跡でまとめる」「テキストの余白に書き足す」「派生図

を描く」といったアナログ作業(文字を書く作業)が、効果的な思考の外化と

なり、受講者の気づきや理解に繋がっていました。

しかし、オンライン研修では、「目と耳と頭は使われるが、手や口や感覚は使われに

くい」というオンライン特有の環境があるため、今後はこういった点にも配慮しながら、

講師はファシリテーションを展開する必要が出てきます。

 

集合型の研修にもオンライン型の研修にもそれぞれ得意不得意とする領域があります

が、今後、主流となるオンライン研修においては、集合型の研修以上に、デザインと

ファシリテーションの両方を講師がマネジメントするスキルが求められてくるかもしれません。

 

学習内容の「不定着」や気づきの「不活性」を引き起こさないために、みなさんなら

ファシリテーションにおいて、どんな「コール」と「思考整理」を試してみますか?


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細谷幸裕
細谷幸裕(ホソヤユキヒロ)
㈱市進ホールディングス コンサルティング事業研究所 所長
私たちは 教えるプロであり続けます
大人と子どもの学び方には違いがある一方で、多くの共通項があります。その共通項の1つである「主体的に学ばせる動機つけのメソッド(教え方のスキル)」は、管理職の部下育成や専門社員の教え方の向上など、あらゆるビジネスパーソンに役立っております。
得意分野 モチベーション・組織活性化、キャリア開発、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション、プレゼンテーション
対応エリア 全国
所在地 文京区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。