企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

誤解しやすい介護休業法改正(その1.介護休業)

平成29年1月から介護休業法が改正・施行されます。わかりづらい、介護休業法ですが、誤解しやすいところを解説していきましょう。今回は介護休業について解説します!

改正内容として、「対象家族1人につき通算93日まで、3回を上限として、介護休業を分割取得可能」となりました。現行は、対象家族1人につき、通算93日まで原則1回取得可能です。原則というのは、要介護状態が変われば、複数回取得できます。すなわち、要介護状態ごとに1回取得できるということです。通算93日は変わりありませんので、要介護状態が変わったからと言って、リセットされることはありません。

改正により、要介護状態が同じであろうが、変わろうが、対象家族1につき通算93日まで、3回まで介護休業が分割取得できるということになります。

例えば、はじめに2週間介護休業を取得してしまったら、要介護状態が変わらない限り、現行では、もう介護休業は取得できませんが、法改正により、通算93日になるまで、あと2回は、介護休業を取得できるようになりました。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
小高 東
小高 東(オダカ アズマ)
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
企業の一番身近な相談相手
 一方的な法律用語のたれ流しではなく、生きた(使える)情報を顧客に提供。日本経済新聞、ビジネストピックス(みずほ総研)、労働・社会保険完全マニュアル(日本法令共著)、月刊ビジネスガイド、経理ウーマン、ビジネスアスキー他執筆・講演多数。
 
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、人事考課・目標管理
対応エリア 全国
所在地 千代田区