無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

問題解決のパフォーマンスを高める方法

問題解決の進め方は「話し方」で決まる

おもちゃの模型を使った問題解決訓練を繰り返し開催していると、面白いことに気付きます。
この研修では、問題の発生を『原理原則』に従って「なぜなぜ分析」等を繰り返しながら、真の原因を追及します。
そして、その気付きとは、「問題解決訓練がスムーズに進むチームと、滞ったり、ただただ悩み続けるチームに分かれる」のです。
同じ内容の問題解決訓練を受け「なぜなぜ分析」という問題解決ツールを使いこなせるレベルのメンバーにもかかわらず、問題解決の結果が”ハッキリ”と分かれてしまいます。
そして、この違いをよく観察すると、それぞれのチームの会話やその進め方に違いがあることが解ったのです。

 

問題解決のうまいチームは状態の変化を繰り返します

この研修では、模型の動きや動作/可動原理を徹底的に理解しながら、その中に潜む問題に気付き解決を繰り返します。
そして、これらを繰り返すコトで次の力を養います。
①洞察力
②問題検出力
③問題定義力
④問題解決力
⑤改善行動力

ありがちなのが、インハウスセミナーで④問題解決力訓練を展開するケースが多いようですが、問題解決力を真に高めるのならば①~⑤までの能力を高める必要があるのです。
そして、これらステップを網羅したトレーニングを進めていると、チームの性格のようなモノが現れてくるのです。
その性格とは、次の様な状態です。
A、個々が問題解決に取り組み、結果だけを話し合う
B、チーム内で役割り分担を決め、個々に問題解決に取り組む
C、チーム内で問題解決に取り組む

さて、どのチームが最も効率的かつ効果的な問題解決を得たでしょうか?

 

チームの状態にバリエーションを持たせる

実は、ABCそれぞれを貫いたチームのパフォーマンスが低くなったのです。
そして、ABCの状態を繰り返し取り入れたチームのパフォーマンスが高くなるのです。
例えば
1、時間を決めて個人で考える
2、時間が来たら、役割分担をして問題解決に挑む
3、時間が来たら、情報交換及び気付きを共有する

といったように、チームの状態にバリエーションを持たせた方が、高いパフォーマンスを得られます。

最近では、それぞれのチームの特徴を観察することで、問題解決に成功するチームと失敗するチームを当てられるほどになりました。

どうやら、問題解決をチームで行う場合、ひとつのチームの状態を保ち続けると、問題そのものを捉える”視点”に偏りが生じ、問題発生要因の”見落とし”が多くなります。
逆に、バリエーションを持ったチームの状態を繰り返すと、問題を捉える”視点”が多角化し、問題発生要因の”見落とし”が少なくなります。
そして、この”見落とし”の少なさが、パフォーマンスに影響している様です。

問題を一人で解決する。
問題を役割分担して解決する。
問題を役割分担せずに解決する。

問題解決のうまいチームは状態の変化を繰り返します。
問題解決のパフォーマンスを高める方法。

それは、チームの会話状態にバリエーションを与えることです。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム