無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

課題/問題解決とメタ認知

専門家ゆえに抱えてしまう課題/問題

このブログでも、何度も登場する「課題/問題解決」。
多くのクライアント様から、日々解決策を求めてご相談を頂戴しております。

相談を持ちかけられたとき、
「皆さんは、私よりこの領域についての専門家なので、解決は簡単にできるでしょう?」
とまずは話しかけてみるのですが、専門家ゆえに解決できないことも多い様です。

課題や問題を抱えている人達は、その仕事のプロであり専門家です。
仕事のプロセスを理解し、実際にその仕事をやって成果も出しているし、顧客からの信頼も得られているわけです。
おまけに、その仕事を部下や後輩に教え、指導者的立場でもあるとなれば、その世界の「専門家」でしかないのです。
それが、問題解決時に、その専門性が活かされると思いきや、なかなか 課題/問題解決 に至らないといったことが起きるのです。

例外に漏れず私自身でさえ、何か課題や問題に突き当たると、数多くの問題解決をお手伝いしているのにもかかわらず、立ち止まって考え込んでしまうことがしばしば・・・・。
なぜ?人は、課題/問題解決のシーンにおいて、その専門性を活かすことができなくなってしまうのでしょうか?

今回は、課題/問題解決とメタ認知についておはなしをします。
今の視点では、その問題や課題を解決することはできません。
意識できない領域を意識できる力が必要なのです。

 

課題/問題解決 に対する4つの領域

私たちの課題や問題に対する意識は、4つの領域に分かれます。

1つ目は、もっとも問題解決が円滑に進むチームの状態です。
2つ目は、他人から指導や支援を受けながらも、チームとして問題解決が進む状態です。
3つ目は、自らが他人を支援しながらチームとして、問題解決が進む状態です。
この1~3の領域では、”やっとこさっとこ”でも課題や問題解決がチームの状態です。
ところが、4つ目の領域では、全くといって「その原因に気付かない」や、課題や問題にさえ気付かないのです。
チームがこの状態に陥ってしまうと、課題/問題解決が全く進まなくなります。
また、4つ目の領域は「専門家集団」が陥りやすいことも解っています。

 

『魔の4領域』から脱する方法

では、どうしたら『魔の4領域』から脱することができるのでしょうか?
それは、高いメタ認知力をもって課題/問題解決に挑むことです。

メタ認知とは、高い次元からモノゴトを見つめる認知方法で、いままで見ていない視点からモノゴトを見つめる能力です。

先日もある組織で、労働安全衛生に関する行動の問題が取り上げられました。
労働安全衛生に係わることですから、直ぐにでも解決しなければ災害につながってしまうような事象でした。
私も、その会議に参加をしていたのですが、さすが専門家集団!
専門的知識と経験から、多くの対応策が出されたのです。

ところが、出てくる対策は「過去に手を打ったか、既に実施している」内容ばかりでした。
過去に行った対策を現時点で行っても、結果が得られることはありません。
意気込んで会議に挑んだ幹部の方々も、だんだんと意志消沈といった感じになっていました。
この状態では、問題解決モチベーションも下がり、発言もどんどん減ってきてしまいます。

 

人の行動は『なに』で決まるのか?

そこで私から「行動科学や行動分析学の視点で、この課題を捉えてみたらどうだろうか?」と投げかけ、簡単な説明をしてみました。
行動科学や行動分析学は、人の行動を決める要因を洗いだし、人の行動は『なに』で決まるのか?といったことを研究する分野です。

すると、会議室全体が新しい視野を得たのでしょう。
今まで、出てくることの無かった対策やアイデアが数多く出現し、全く新しい視点から得た対策内容になりました。
もちろん、効果も大きく職場の行動内容が変わり、さらに高い安全性を確保することができたのです。

これらの事例からも解るとおり、専門性の高いチームは、過去の経験と知識に頼った課題/問題解決を進めやすく、新しい視点で問題事象を捉えることができなくなるようです。

日頃から、気付かない領域に気付く力『洞察力』を高め、チームの課題/問題解決力を高める様にしてください。
時には、部外者の意見を取り入れることも必要でしょう。

いま発生している問題や課題は、今の視点からでは解決できない。
いまより、広く高い視野で問題や課題を扱わなければ解決できない。
広く高い視野を持った状態をメタ認知といいます。

洞察力は
✓ロジカルシンキングやクリエイティブシンキングを組み合わせた問題解決
✓心理的安全性を確保した上での問題解決会議
で、高めることができます。
ぜひ、実践してみてください。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム