無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

整理・清掃 ・ 整頓で、集中力を高めよう

作業現場でもオフィスでも「 整理・清掃 ・整頓 」はとても大切な”段取り”活動です。
しかしこれは、付加価値を生まない活動なので、全力で取り組まないケースが少なくありません。
ところが、これは、脳科学的に見ても主作業の効率を高める”最高の段取り”になることが解っているのです。
今回は、脳科学と「 整理・清掃 ・整頓 」の関係についておはなしします。

脳科学で 整理・清掃 ・整頓 を見つめる。
集中力を高め、作業効率を改善するために必要な”段取り”時間。
オフィスでも作業現場でも、整理を全力で取り組むワケがわかりますよ。

 

脳が処理する、目から入ってくる映像の情報

私たちの脳は、目から入る光の情報を処理して映像化しています。
この時、ピントのしっかり合っている領域と、ピントがズレている領域に分かれます。
ピントがしっかり合っている領域を『中心視野』と呼びます。
そして、ピントが合っていない領域を『周辺視野』と呼びます。

『中心視野』は、ピントが合っているため、モノゴトをハッキリ識別/認識することができ、具体的にそのモノゴトを意識することができます。また、『中心視野』を意識することで集中力を高めることも解っています。
しかし、『周辺視野』はピントが合っておらず、その視覚情報は『中心視野』に比べて曖昧なモノになってしまいます。

ところが、ピントの合っていない『周辺視野』からの情報は、脳にとって重要な情報を伝えていることが近年の実験から解ってきました。『周辺視野』からの情報は、脳が危険を察知する時、その情報を効果的に使っているようなのです。
つまり、脳はピントの合っていない『周辺視野』からの情報で危険を察知し、あなたを守っているのです。

 

「扁桃体」が活発化すると、不安感がわき起こる

これは、脳の危険を感じる部位である「扁桃体」の働きが影響します。
「扁桃体」は、周囲の状況から危険を感じたり、恐怖を感じたりする部位なのですが、この「扁桃体」は、『中心視野』よりも『周辺視野』により早く反応することが解っています。
そして、「扁桃体」が活発化することで、安心・安全を感じる強さが弱くなります。

実験では、『中心視野』からの情報に「扁桃体」が反応するまで140~190ミリ秒かかるのに対し、『周辺視野』からの情報では、たったの80ミリ秒しかかからないことが解っています。この実験からも、『周辺視野』と「扁桃体」の密接な関係がわかります。

具体的には、机の上で何か書き物をして『中心視野』をつかって作業をしていたとしても、その机の上に様々なモノが置いてあると『周辺視野』が反応し、「扁桃体」が反応することで、安心して作業に集中できなくなります。
すると、作業効率が落ち、作業効率の低下がさらなる焦りを生みます。

大切なことは、作業を行うエリアはもちろん、周囲も合わせて整理することです。
整理とは、「必要なモノと必要のナイものを分けて、必要のないものは廃除する」という活動です。

 

今回のお話のポイントは3つ

  • 『周辺視野』は「扁桃体」を活発化させ安心・安全感情を損ねる。
  • 安心・安全感情が低下すると、不安感がわき起こる。
  • 不安感は、作業効率を低下させる。

周囲の状況が、作業に悪影響を及ぼします。

集中力を高め作業効率改善するために必要な 整理・清掃 ・整頓 の”段取り”時間。
作業の中心点だけでなく、周囲の整理も進めて『周辺視野』から安心・安全を感じられるような作業環境を作り上げてみましょう。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

ハラスメント防止研修で盛り込むべき内容

村田 早苗(企業研修.com(ガイアモーレ株式会社) ガイアモーレ株式会社提携講師 (株)スマイル・アンド・エール 代表取締役)

ハラスメント防止研修で不足していること ハラスメント防止研修では、具体的に言ってはいけないこと、してはいけないことを理...

2022/06/24 ID:CA-0004155 ハラスメントにならないコミュニケーション